旅行&お出かけ

温もりのある素朴なおもちゃがいっぱい 子どもも大人も楽しめる東京おもちゃ美術館

Fotolia_57177028_Subscription_Monthly_M.jpg
四谷三丁目駅から歩くこと数分、かつて小学校の校舎として使われた建物の中に東京おもちゃ美術館はあります。
所蔵するおもちゃは、100カ国1万5千点。
触って遊べるおもちゃもたくさんあり、屋内なので天候に左右されない遊び場としてもおすすめです。


テーマが異なる部屋にたくさんのおもちゃ
来館者が入れる部屋は、全部で10。
ごっこ遊びが楽しめる部屋、日本の伝統おもちゃの部屋、じっくりボードゲームを楽しむ部屋、世界のグッド・トイを集めた展示室など、部屋ごとにテーマが異なり、見る、触る、遊ぶ、を楽しめるおもちゃがいっぱいです。
赤ちゃん連れの方におすすめなのが「赤ちゃん木育ひろば」。
0〜2才専用スペースで、シンプルでありながら温もりのある木のおもちゃがたくさんあり、柔らかな手触りや匂いで、赤ちゃんが気持ち良く過ごせる空間になっています。
2階の奥にある「おもちゃのもり」という、日本各地の職人さんが作った木のおもちゃがたくさんある部屋もおすすめです。
靴を脱いで、ボールプール、動物型マグネット、小屋やドールハウスなど、木の温もりを感じながら、のびのび遊ぶことができますよ。

イベントやワークショップをチェック
館内の「てづくりおもちゃこうぼう」では、土日に限らず平日もおもちゃ作りのワークショップが開催されています。
紙コップや牛乳パックなどの材料を使った簡単なおもちゃですが、親子で力を合わせて完成させるとなかなかの充実感。手作りの楽しさを体験できます。
出来上がったおもちゃは持ち帰ることができるので、ちょっとしたお土産にもなりますね。
ぜひ作り方を覚えて自宅でも子どもと一緒に作って遊んでみてはいかがでしょうか。
また、人形劇や紙芝居、おはじきや絵描き歌といった昔遊びなどが体験できるイベントも多数あるので、お出かけ前には、ぜひ公式HPで時間やプログラムをチェックしてみましょう。

ここには、テレビのヒーローアイテムや音がなったり光ったりするおもちゃはありませんが、素朴ながら子どもの想像力を掻き立てるような魅力あふれるおもちゃがいっぱいです。
アクセスも良く便利ですので、ぜひ一度遊びに行ってみてください。


PHOTO/Fotoria



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。