ヘルス

口臭の原因は“唾液”にあった!?唾液環境を正して口臭を撃退!

Fotolia_95987060_Subscription_Monthly_M.jpg
風邪やインフルエンザの予防のために、マスクをして外出するときに気になるのがイヤ~な口臭。自分の口臭が元で、マスクをしていると気持ち悪くなる……なぁんて人も、実は少なくないんです!!

口臭の原因とされるのは、普段から口の中にいる細菌類です。ですから、人間であれば誰もが、日常的に口臭を放っています。

ところで以外に知られていないことですが、口臭が気になる人と気にならない人の違いは、なんと唾液の分泌量の差。唾液が持つ抗菌作用により、口臭を放つ原因になる細菌の増殖が抑えられていれば口臭が減り、逆に唾液の量が少なければ、細菌が増えてにおいがキツくなるので、日常的に唾液を出し、細菌の繁殖を防げれば……ヤバ~イ口臭を、抑えることができるんです!!

 *例外的に、内臓の病気などにより、口臭がキツくなることもあります。
  この場合は病気を治癒するしか、口臭を治す方法はありません。


唾液をしっかり出して、口臭を抑えましょう!
1:リラックスする
緊張すると喉がカラカラになる……そんな経験をしたことはありませんか? 緊張状態にあると唾液の分泌が止まるのが、人間のカラダの不思議なところ。口の中が乾燥してるかも!? と思ったら、深呼吸をし、肩をまわしたり屈伸したりして、身体をリラックスさせましょう。

2:口の中を刺激する
歯を磨いたり、ガムを噛んだりして、口の中を刺激することも、唾液を分泌させる効果があります。仕事中に差支えがなければ、ガムを噛んで、口臭を予防しましょう。また、食事を食べるときによく噛むことも、口の中を刺激することにつながります。

3:食べ物のことを考える
空腹状態が続くと唾液の分泌が減り、口臭がひどくなってしまいます。そんなときは食べたいものを想像したり、梅干しのことを考えたりして、唾液の分泌をうながしましょう。小学生がよく使っている食べ物のニオイのする消しゴムや、グレープフルーツなど食べ物の香がする香水などを常備し、口臭が気になったときに香りを嗅いで、唾液の分泌をうながすのも効果的です。

4:唾液腺をマッサージする
唾液は、耳下腺(じかせん)、顎下腺(がくかせん)、舌下腺(ぜっかせん)から主に分泌されます。
耳下腺=ほっぺたを上下左右にもむ。
顎下腺=顎下の内側の、やわらかい部分をギュッギュッと親指でもむ。
舌下腺=舌を左右に動かしたり、口を大きく開け閉めしたりする。
こうして刺激すると唾液の分泌がうながされるので、口臭に気づいたらしっかりマッサージし、唾液をバンバン出しちゃいましょう。

ちなみに唾液をたっぷり出すことは、逆流性胃腸炎を予防したり、消化吸収を助けダイエット効果をもたらしたり、脳が発達したり……と、良いことずくめの効果をもたらします。
口臭を予防しながら、健康なカラダも手に入れちゃいましょう!

PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。