トレンド

ノンタンもはらぺこあおむしも!展覧会「子どもの本とあゆんだ80年」

IMG_1878.JPG

「ノンタン」シリーズや「はらぺこあおむし」など、長く愛される絵本を出版し続けている偕成社が、今年創立80周年を迎えます。それを記念して展覧会「子どもの本とあゆんだ80年」が、4月29日から5月15日まで、銀座・教文館ビル9階・ウェンライトホールで開催中です。どんな展覧会になっているのでしょう?ワクワク足を運んできました。


三世代で楽しめるラインナップ
IMG_1880.JPG

入り口では、ノンタンと仲間たちのバースデーケーキがお出迎え。そして、1960年~2000年代に出版された、偕成社の絵本がずらり!「じゃあじゃあびりびり」も、「はけたよはけたよ」も、「おめんです」も!親子二代のみならず、三代でいらっしゃっているご家族も見られました。年表を眺めながら、それぞれの子ども時代の思い出話をし始めたら、きっと止まらないはず。なお、絵本を読み聞かせできるコーナーもありました。
さらに、偕成社の80周年だけではなく、様々な節目も重なっている今年。あんな絵本やこんな作家さんの、スペシャルな展示も盛りだくさんでした。まずは、「ノンタン40周年」。デビュー作「ノンタンブランコのせて」から、今年で40年になるのです。貴重な原画や、誕生の秘密、さらに作者のキヨノサチコさんが、お子さんをおんぶしながら描く写真も展示!そして、「かこさとしさん90歳」。「からすのパンやさん」、「どろぼうがっこう」などを生み出してきた作家のかこさとしさん。複製原画や映像に、パパやママの方が見入ってしまうかも。また「はらぺこあおむし」も、日本で敢行されて40周年なんです。フルーツの穴をあおむしさながらにくぐっていくとちょうちょになれる体験型記念撮影スポットは、子どものテンションが上がること間違いなし。記念撮影スポットということでいうと、「100かいだてのいえ」シリーズの世界に入れるオブジェも迫力満点でした。

同時開催の原画展も必見
なお、同じビルの6階・ナルニアホールでは、「偕成社のロングセラー絵本原画展」も同時開催。こちらは4月29日~5月31日までとなっています。「ごんぎつね」や「よるくま」の繊細なタッチに、「こんなに絵本って心を込めて描かれているのだな」と感動せずにはいられません。また、9階、6階ともに観覧は無料です。
また、6階には「ノンタン」や「はらぺこあおむし」のキャラクターグッズも販売されています。5月9日から13日の13時~は「からすのパンやさん」の、あのカメパンやカニパン、たこパンが買えるという夢の企画も!会場近くのパン屋さん、銀座木村屋でも販売されていたので、ぜひチェックを。

「子どもの本とあゆんだ80年」は、今週末までの開催なので、ぜひお早めに。大人も子どもも絵本の世界に飛び込んで、楽しんじゃいましょう!


人気記事ランキング

最近の記事