ファッション

パパの古いワイシャツを利用して可愛いベビーワンピースにリメイク

ワイシャツリメイク.png

パパの古いワイシャツは襟元や袖口が汚れたりよれたりすると、やむなくお払い箱になってしまいますが、それ以外はなかなか丈夫で良い状態の生地だったりしませんか?そのまま処分するのはもったいないもの。捨てちゃう前に一工夫して可愛くよみがえらせてみませんか?
ワイシャツを可愛いワンピに
ワイシャツリメイク2.png

ワイシャツの袖や襟を切り取って、そのまま大人用のスモックやエプロンにするのは簡単で実用的ですが、ワイシャツっぽさが払拭できず、ちょっとセンスがイマイチなものになってしまうのはありがちな結果。また、リメイクといっても、適当にザクザク縫って形にするのは簡単で初心者向きに思えるけれど、実はセンスとテクニックが必要とされる高等技術です。だったら、ちょっと手間がかかりますが、とてもワイシャツだったとは思えないほど可愛らしいベビー用ワンピースにリメイクするのはいかがですか?

おすすめは専用の本の作り方を見ながら、きちんと型紙をあてて裁断し、縫うこと。その方がしっかりしたものができますよ!

写真のワンピースはこちらの本の型紙を参考にしてアレンジしています。
やっぱり可愛い!  ママの手作りベビー服―0-24カ月 実物大パターンつき -
やっぱり可愛い! ママの手作りベビー服―0-24カ月 実物大パターンつき -

無料で型紙や作り方もわかる!
WEBサイトで型紙と作り方を公開しているところもあるので、うまくアレンジしてみるのもいいでしょう。

手芸とクラフトの店「パンドラハウス」からは胸元にギャザーが寄ってかわいい110㎝のサイズの「子供ノースリーブワンピース」、手芸やソーイング用品の有名メーカー「クロバー」からは100㎝サイズの「子どもワンピース」のレシピが無料でダウンロードできますよ。

型紙の取り方と裁断のポイント
ワイシャツの後ろ身頃をワンピースの前身頃として型紙をあてて裁断し、幅いっぱいまでギャザーを寄せるようにします。前身頃の合わせとボタン部分はそのままいかして、後ろ開きのベビーワンピースに。ボタンだけ可愛いものに取り替えれば簡単ですみますよ。合わせが逆なのとボタンの間隔が広いので、前開きのワンピースに仕立てるよりもステキに仕上がります。簡単に着せやすいのもポイントです。

綿レースやチロリアンテープなどもうまくアレンジして添えると一気に可愛らしさが増して、ちょっとしたパーティや外出でも使えるものになりますね。

必要なのはハサミと糸と針だけ。もしミシンがあれば早くてきれいに仕上がりますし、バイアステープも生地からとってもいいですが、既製品があれば時短になります。

サイズは80〜90の1〜2歳頃が作りやすいですよ。

綿素材なのでじゃぶじゃぶ洗えて、真っ白なので漂白剤も躊躇なく使えてシミ抜きも簡単。シワになりにくく、軽くて夏の子ども服にぴったりです。自分の服だったと思うと思い入れもできるようで、パパにも好評です!




人気記事ランキング

最近の記事