子育て

ベビー・子ども服の「familiar」が2園目となるプリスクールを今秋、夙川に開園!

PRESCHOOL %281%29.jpg

創業66年のベビー・子ども服ブランド「familiar(ファミリア)」が、新たな取り組みとして始めた「familiar PRESCHOOL(ファミリア プリスクール)」。東京・白金台に続き、2016年9月1日に兵庫・夙川に2つめの保育園を開園すると聞き、担当者にお話を伺ってきました。
どうして夙川が選ばれたの?

ー関西初の「familiar PRESCHOOL」が開園するのはファミリア創業の地・神戸からもほど近い西宮市の夙川地区。なぜこの地が選ばれたのでしょうか。

「夙川は幼児教育に非常に関心が高い地域。私たちが行っている“ファミリアメソッド”の考えと親和性が高いと判断し、開園に至りました。また、日々の保育活動において戸外活動を非常に大切にしており、夙川公園など周辺環境に恵まれているところも大きな要因です」

shukugawapark.jpg


“ファミリアメソッド”とは?

ー“ファミリアメソッド”とは、どんな考え方なのでしょうか。

「ファミリアメソッドは“まだ見えない才能を、カタチにする”を理念として【レッジョ・エミリア・アプローチ】を核に、子どもの創造活動を広げ、自尊心と意欲を深めるオリジナルメソッドです。レッジョ・エミリア・アプローチの特徴である“環境は第3の教育者”の考えのもと、アトリエやホールなどのスペースを設け、子どもたちの活動をポジティブに推し進めていきます」

familia2.jpg

ー具体的にはどんなことをするのですか? また既に開園している東京・白金台ではどんな成果を感じていますか。

「登園後すぐにモンテッソーリのプログラムでウォーミングアップをしたら、屋上や戸外へ。レッジョ・エミリア・アプローチによる自然観察などを行います。午後は講師による英語やリトミック、アートなどのプログラムを行い、降園まで子どもたちの興味が持続するようなカリキュラムを組んでいます。白金台ではカリキュラムを通してのアプローチはもとより、保育スタッフによる日々の声掛けやアプローチからも、子どもたちの成長を実感しており、保護者の方々からもご支持いただいております。夙川でも同じように一人ひとりに寄り添う保育・教育を目指していきたいと思っています」

famila3.jpg

子どもたちと長く向き合ってきたfamiliarならではの保育・教育事業。ただいま説明会も開催されているので、気になる方は参加されてみてはいかがでしょうか。

PHOTO/Fotolia





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事