子育て

お箸トレーニングは、子供に合ったお箸選びでスムーズに♪

DSC_1165.JPG

フォークやスプーンでご飯を食べていてそれが当たり前と思っていたのに、どうやらお友達は、そろそろお箸を使うコが増えてきたよう…。給食やお弁当などでも、みんなお箸だから私もそうしたい!と子供に言われてびっくりした!なんて経験はありませんか?そんなお箸デビューを迎えるkidsをお持ちのママに、体験に基づいたお箸の選び方をお教えします。
お箸デビューで大事な事
幼稚園などの集団生活をするようになると、急に気になる我が子のお箸への移行…。でも、出来ないのに無理して進めてしまうと後々苦労することになりかねません。小さい時に間違ったお箸の持ち方を覚えてしまうと、大人になってもなかなかそのクセは抜けないものなので、ここできちんとした持ち方をマスターさせてあげたいですよね。そこで重要なのが、どんなタイプのお箸を使うかということです。

一進一退のお箸トレーニング…
我が家では、3才から輪っかに指を入れるだけでOKのトレーニング箸でスタート。自宅では、ほぼそのトレーニング箸を使用し、外食時のみフォークやスプーンを使っていました。幼稚園に入園してもそのままトレーニング箸を持参して給食やお弁当を食べていたのですが、たまたま外食時に割りばしを使用してみたところ意外と使えたので、それをきっかけに自宅でもトレーニング箸を卒業し、普通の子供箸に変えました。しばらくは問題なく食べていたのですが、やはりだんだんと楽な方に流れるもので、「つかむ」というよりは「かきこむ」ように食べていることに気が付き、トレーニング箸に逆戻り…。やはり、出来ているようでも箸を使ってつかむことは難しいようで、すぐに自分流に持ちやすいようにアレンジしてしまっているようでした。

新しいお箸投入、三点支持箸!
DSC_1167.JPG

トレーニング箸に戻して持ち方が安定してきた所で、三点支持箸を取り入れて使わせてみました。これが見た目には普通の子供箸とそこまで変わらないように見えるのに、全然違いました。指の形に添ってくぼみが付いていて、子供でもそこに指をあてるだけで無理なく正しい箸の持ち方が出来るようになったのです。くぼみからズレていると収まりが悪く感じるようで、言われなくても自分で持ちかえるように!そこからは、今までの苦労が嘘のようにスムーズに進みました。いろいろな種類があって、目移りしてしまう子供のお箸。結果、我が家ではトレーニング箸でお箸使いが慣れてきたところで三点支持箸に移行する作戦が効果的でした。

それぞれ好みや教え方は違っても、子供にきちんとしたお箸の持ち方を覚えて欲しいママの気持ちは一緒ですよね。みなさんも、これ!と思えるようなお箸を見つけてストレスなくお箸トレーニングを進めてあげて下さい。







LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事