ライフスタイル

クローゼットをもっと使いやすく♪無印良品のおすすめ収納グッズ4選

IMG_0825.JPG

もっとクローゼットを上手に使って、収納力をアップさせたい…。そんな思いはありませんか?こういうとき、頼りになるのが無印良品の収納グッズ。今回は数ある中から、我が家のリビングのクローゼットでも使用しているおすすめの4つを紹介します!
①重なるラタン長方形バスケット
IMG_2759.JPG
無印良品ではボックス型のアイテムがたくさん販売されていますが、中でもおすすめなのがこちら。まず、GOODなポイントとして第一に挙げたいのが、スタッキング(積み重ね)ができるように設計されているところ。製品はベトナムの職人さんによって手編みで作られているそうですが、手編み独特のサイズのばらつきが見られず、バスケットを重ねてもズレずに、きちっとスタンドできます。なので、出し入れもスムーズ。小さいことだけど、これってとっても重要なことですね。また、シンプルなのにスタイリッシュなところもおすすめですよ。ラタンの自然な風合いがどんなインテリアのテイストにも不思議と馴染んでしまうんです。

さて、肝心の使い道はというと、我が家ではお掃除グッズや化粧品関係を収納中。しかし、ほかにも、食器や日用雑貨、文房具、リモコン、子供のおもちゃ、下着、小物など、なんでも入れることができます。カラーボックスにもちょうどいいサイズなので、カラーボックスがおうちにある方は引き出しのように使ってもいいですね。ちなみに我が家で使っているのは長方形バスケットの小ですが、サイズはほかにもいろいろあります。

②ステンレスワイヤーバスケット&③重なる竹材収納ボックス
IMG_2762.JPG
さて、個人的な事情で恐縮ですが、うちのリビングのクローゼットは中にスチールラックを入れて、収納力を上げる工夫をしています。そこに、一つの悩みが。クローゼットにもとから設置されていた枕棚とスチールラックの間に微妙な9㎝の隙間ができたのです。こういう微妙な隙間って皆さんのお宅にもありませんか?そして、ここを活用できればもっといいのに…と悔しい思いをしていませんか?こんなとき、頼りになるのが、やっぱり無印良品です。

ステンレスワイヤーバスケットと重なる竹材収納ボックスは、サイズがいくつかありますが、どちらもいちばん背の低いものが高さ8㎝。こちらを使えば、微妙な隙間もちゃんとした収納場所に早変わりしちゃいます。我が家の場合は、どこに何が入っているか忘れたくないもの(リモコン類やすぐに使う書類)をワイヤーバスケットに入れ、外からぱっと見えなくてもいいものや日ごろは使わないもの(ハンカチなどの小物類と普段使わないDVD機器)を竹材収納ボックスに収納しました。この二つはラタンボックス同様にスタッキングできますし、中に入れるものも自由自在。また、引き出しやすいところと、しっかりした造りで、長く愛用することができそうなところも主婦にとって、うれしいですよね。

④横ブレしにくいフック
IMG_2760.JPG
最後に紹介するのが、フック。名前の通り、横ブレしにくいのが最大のポイントです。我が家では普段使いのバッグの定位置はリビングのクローゼットの中。なので、スチールラックのポールにこのフックの大をかけ、収納しています。ただ、バッグって結構重たくありませんか?しかも、重いバッグを通常のS字フックにかけるとずれたり、ひっくり返ったりして、あぁもう…イライラッ!(苦笑)。皆さんも経験があるかもしれません。なんですが、この無印良品のフックを使ってからは、引っ掛けるときに落ちることがほとんどなくなりました。生活の細かいところにまで考えられているな~!と感心してしまう、おすすめのフックです。

さて、今回、紹介した無印良品の収納グッズ。ぜひ、皆さんも利用してみてくださいね。あなたのおうちのクローゼットも、グンと使いやすくなること、間違いないですよ!




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事