ライフスタイル

ママの新しい働き方を実現!「代官山ひまわり」の仕事とは?

13835709_1127354577339437_1629197842_o.jpg

ママになると、今までに経験していなかったことが増えて、この先、仕事や子育てをどうしていけばいいかと考え、悩むことが出てくるはず。もしも、ママという立場でも、働きやすい環境があったら、皆さんの選択肢は広がりませんか?

ママの立場を活かして、上手にコミュニティづくりや仕事を生み出している団体があります。多くのメディアで紹介され、ママたちから共感を得ている団体、「NPO法人代官山ひまわり」を紹介します。
団体のはじまりは、代表が自分自身と住むまちに向き合ったこと
13493437_1099246870150208_13419790_o.jpg

代表の森田由紀さんは、キャリアウーマンとしてバリバリ働いていましたが、妊娠して、仕事を離れたことから活力をなくし、出産後は、子育てを楽しみきれていないことも感じていました。さらには、子育てを機に引っ越した「代官山」を見渡したところ、つながりが希薄で、孤独さを感じたと言います。そこで“子育てを通じて、もっと楽しく、人と人のつながりのあるまちにしていきたい”という想いが生まれて、まずはママの気持ちに寄り添って意見を聞けるようにと、NPO法人子育てアドバイザー協会が認定する「子育てアドバイザー」の資格をとりました。この資格を得て、少しずつ地域のママに寄り添うことができるようになりました。

次のステップは、まちをよく知り、ネットワークをつくっていくこと
13838430_1127353827339512_653808583_o.jpg

次に、出来ることからと考えて、ママが主体的にまちの魅力を伝えることが、よりまちのためになるのでは、と「代官山コンシェルジュ」という取り組みを実行に移しました。その取り組みを通して、迷路のような代官山の道やお店を案内しているうちに、知り合いが増えました。その後、つながりができたお店や会社と連携して朝活などのイベントを企画・運営するなどして、さらにネットワークが拡がっていったのです。

イベントにより、住む人・働く人・訪れる人のコミュニティが出来てきたところで、さらに次のステップに進みました。

最終目標は、ママたちのやりがいから幸せの連鎖をつくること
また、地域活動=ボランティアという、今までのまち活動の考え方に違和感がありました。「好きなこと・得意なことを活かして、子どものそばで働けたらいいのに」「時間に制約がある中で少しでも働きたい。社会の役に立ちたい」というママの想いを事業にして、それぞれのスキルや個性を活かした働き方をつくりたいと考えて、Loco-workingという、"暮らす”と”働く”が愛着のある場所でつながる、新しい働き方をスタートさせました。
フルタイムか育児100%の2極ではなく、その間の選択肢で、子育てをしながら、社会とのつながりを持ち続けて働く方法をつくりだしています。仕事は、ママたちの能力を価値あるものとして理解してくださる企業や団体からいただいているそうです。

13499446_1099246303483598_1640762859_o.jpg

「今後も、ママたちの笑顔を支え、家族・社会も笑顔にし、幸せの連鎖を広めていきたい」という想いを教えてくれた森田さん。

幸せの連鎖がもっともっと広がって、みんなが暮らしやすいと思えるまちが広がっていくといいですね!


人気記事ランキング

最近の記事