食&レシピ

子どもの好き嫌い、でもホントは食べられちゃう!?

Fotolia_112729038_Subscription_Monthly_M.jpg

ウチの子は好き嫌いが多くてご飯を食べさせるのが大変…、これよく聞く“育児あるある”です。「これ嫌い~」「これ食べたくない~」という子どもに対して、「好き嫌い言ってないで食べなさい!」とむきになったところで、好き嫌いは治りませんよね。怒るだけでなく、その理由も考えてみませんか?
子どもの好き嫌い、なんでなの?
子どもは味を感じる力が強く、大人と比べると約2倍ほど敏感と言われています。そのために、わずかな酸味や苦味にも敏感に反応して「これ嫌い!」となってしまうケースが多いようです。その他にも、トラウマというほどでないにしても、何かのきっかけで嫌いになるケースもあります。大好きだった魚を食べていて、たまたまのどに骨が引っかかり苦しかったなどの経験をしてしまうと、それから急に嫌いになってしまったり…。確かに、嫌な思いをしたことでその食べ物が嫌いになってしまう、ということは大人でもあることですよね。

お友達や環境につられてパクリ
絶対に食べられなかったピーマンなのに、給食のピーマン入りカレーをみんなが美味しそうに食べているのを見てつられて食べられるようになったり、お友達がお弁当に入れてくるから、と嫌いなはずのブロッコリーを入れて行きたいと言い出したり、など聞いたことはありませんか?他にも、BBQやキャンプなど環境の変化で食べられるようになったなどのケースもありますよね。親がしつこく言う時は食べなかったのになんで?どうして?と思いますが、食事をするメンバーや環境が変化したことによって、その食材自体に楽しい!というイメージがプラスされ、好き嫌いを克服するきっかけになるんです。

野菜嫌いの息子もきっかけ発見!
我が家の息子の場合は、野菜全般が嫌い…。キノコやニンジンなどは比較的大丈夫だったのですが、緑の野菜がほとんどNG。なので、サラダなんて絶対に無理だったんですが、たまたま大好きなお友達の家でご馳走になった時に出されたキノコドレッシングがいきなりのストライク!そのドレッシングをかけたら急にサラダをモリモリと食べるようになり、今では、そのドレッシングがなくてもサラダの奪い合いになるほどサラダが大好きになりました。

我が家のきっかけはドレッシングでしたが、子どもの好き嫌いでお悩みのみなさんも何かきっかけが見つかって、ストレスなく食事をとれるようになるといいですね。

PHOTO/Fotolia

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事