食&レシピ

助産師さん直伝!好き嫌い撃退レシピ

Fotolia_66142380_Subscription_Monthly_M.jpg

子どもがスクスク成長していくのを見るのが、育児での最大のご褒美。とはいえ、それに伴う悩みが尽きないのも事実ですよね。我が子の場合は、離乳食が始まった頃、食が細い事が悩みの種でした。食べない日々が重なるたびに、栄養が摂れず体調が悪くなるんじゃないか、体が大きくならないんじゃないか……初めての育児に、不安で心配な事ばかり考えていました。そんな時、保健所の離乳食教室に参加した事をきっかけに、徐々に息子の好き嫌いが減りなんでも食べるように。味の美味しさや栄養バランスはもちろんのこと、食べやすさに工夫が感じられるレシピは、1歳半になった今でもお気に入りのようでパクパク食べてくれて大助かり。今回は、我が子の好き嫌い問題の救世主だった、助産師さん直伝!離乳食レシピをお伝えします。
お魚の食パン焼き
unnamed (1) 2.jpg

【材料(3個分)】
生鮭 :切り身1/2
食パン8枚切り:1枚
バター:10g
作り方
1、食パンと魚をみじん切りにして、よく混ぜこねる。
2、小さいハンバーグの形に整え、フライパンでバター焼きにする。
☆ポイント☆魚は他に、まぐろ、サバでも美味しく作れ、ひき肉で作るのもオススメ。お好みで、少量のケチャップを添えてもGOOD♪普通のパン粉に、牛乳を浸して作っても美味しく作れます。ラップでくるんで、持ち運びもできるので、お出かけ時にも便利ですよ。

肉団子とたっぷり野菜の味噌味スープ
unnamed 2.jpg

【材料(大人用お椀3杯分)】
豚赤身ひき肉(鳥ひき肉でもOK):100g
絹豆腐(事前に水切りをしておく):1/2丁
★大根(皮をむく):1センチ幅
★トマト:1/4個
★なす:1/3個
だし汁:400ml
味噌
作り方
1、豆腐とひき肉を合わせてよく混ぜ、直径2センチくらいの丸型の肉団子を作っていく。
2、★を1cmくらいの角切りにし、だしに野菜を加えてやわらかくなるまで煮る(大根はそのままだと固いので、角切りにした後、電子レンジ500Wで2分ほど加熱してから煮込む)。
3、肉団子を2に加えてよく煮る。
4、味噌で味付けして出来上がり!
☆ポイント☆豆腐を混ぜた肉団子は、ひき肉だけで作るより柔らかく、子どもも食べやすさ抜群。水分を加えて練るとより柔らかく出来上がります。団子は鍋に入れるとほぐれていきますが、子どもはその方が食べやすいのでそのままでOK。味噌は味を見ながら、少しずつ溶き入れて下さい。あらかじめ子ども分を取り分けて、塩分を調整すると、大人でも美味しく食べられます。野菜もたくさん摂れる上、そうめんを入れて煮れば、ランチにもピッタリ!

助産師さんいわく、子どもは親と同じ物を食べたがるそう。我が子も、このレシピを私と一緒に、嬉しそうに完食していました。少し薄味ですが、大人も充分美味しく頂けますよ。ぜひ、作ってみてください。
PHOTO/Fotolia



人気記事ランキング

最近の記事