旅行&お出かけ

「チームラボアイランド-学ぶ!未来の遊園地-」に5才児興奮!

看板.jpg

ウルトラテクノロジスト集団チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド-学ぶ!未来の遊園地-」。世界で200万人を動員した大人気のイベントが、わが栃木県で初開催されています。ずっと気になっていたチームラボの展示、これは親子で行かなくては!と5才の息子とお友達と一緒に行ってきました。
自分で描いた魚が水槽のなかで泳ぎだす感動
塗り絵1.jpg

まずはじめに子どもたちが「すごい!!やりたい!」と歓声をあげたのは「お絵かき水族館」。サメやイカなど数種類の生き物の塗り絵から好きなものを選んで色をつけます。そしてスキャンすると自分が色を塗った魚たちが大きな水槽のなかに現れて泳ぎだすのです!魚たちには触れることもでき、息子はずっと自分が描いたサメをキラッキラの目で追いかけていました。
水族館.jpg


パターン認識力、仮説を検証する力、バランス感覚を育む
ケンケン.jpg

水に浮かんだ○△□に飛び乗る「天才ケンケンパ」は何度もループして挑戦。ケンケンすると音が鳴り、○△□が弾けて模様になったり、色が広がったり、軌跡が変化していきます。はじめのうちはケンケンパをすることだけに集中していましたが、慣れるとその水面の変化を息子たちは楽しみはじめたようでした。他の子どもがケンケンする様子も飽きずにじっと見つめていました。

親もうっとりする幻想的な色彩空間
オーケストラ.jpg

体を動かすことが大好きな男の子に人気だったのが「光のボールでオーケストラ」です。転がすと、色も音も変化。ボール同士がぶつかり合う感触を楽しみながら、大小さまざまなボールを転がします。見ている大人たちもその美しさに魅了される、素敵な空間でした。他にも栃木の会場では、「まだ かみさまが いたるところに いたころの ものがたり」と「小人が住まうテーブル」を楽しむことができます。

チームラボアイランドは「同じアート空間で、自由に体を動かし、互いに影響を与えながら、共同的で創造的な体験、つまり『共創』の体験を楽しむ場を創っていけないだろうか。そしてその体験を通じて、日々を共創的なものへ変えていけるのではないだろうか」という願いから生まれたプロジェクトです。たくさんの子どもたちが一緒になって、体を使って、ひとつの作品を作る姿はまさにその願いを体現していると感じました。今回訪れた栃木(開催期間は〜9/25まで)だけでなく、アイランドは全国各地、そして全世界での開催されています。ぜひぜひ親子で足を運んでみてください。



人気記事ランキング

最近の記事