ライフスタイル

片づけ体質への近道!?ものを増やさないコツを紹介します!【後編】

Fotolia_95182348_Subscription_Monthly_M.jpg

前編に引き続き、家にあるものを増やさないコツを3つ紹介します!この増やさないコツを身に付けると、部屋も片付けやすくなるので、おうちがキレイになっていきますよ。大事なのは普段のちょっとした意識づけと習慣。誰でも簡単にできることばかりです♪

本当に欲しいものリストを作っておく
手帳やスマホのメモ機能など、普段、すぐ見られるところに自分が欲しいものをメモしておきましょう。リストは本当に欲しい順にアイテムを書いておきます。あったらいいなくらいのものなら、別のページに書くか、まったくメモしません。また、リストに書いたアイテム以外は極力買わないようにします。逆にリストの中のものは、少々頑張った値段であっても自分が欲しいもの、本当に気に入ったものを買うようにします。すると、大きくはものの数が増えませんし、買い物の満足度も上がり、お金の使い方まで上手になる(欲しいものだけに投資し、どうでもいいものは買わない)と、いいことずくめです。

買うときに手放すときのこともイメージする
欲しい!というものに出会ったとき、どうしますか?きっとそれを着たり、使ったりする自分を想像するのではないでしょうか?普段ならそこで終わるイメージをもう一歩先まで進めてみましょう。考えるのはズバリ、手放すときのこと。捨てるのは簡単そうか?粗大ゴミになるか、ならないか?フリマで売れそうか?など、よくよく考えてみてください。すると、正直、う~ん、大変そう…と感じるものが出てくるはずです。そんな大変な経験を将来するとしても、今、欲しいかどうか。よくよく自分自身に聞きましょう。

これは筆者の場合ですが、来客用の布団やLサイズのスーツケースなど、幅をとるけど、あまり使わないもの、何よりも捨てるときに大変そう!と感じるもの。これらはどちらもレンタルしています。今はこういったレンタルサービスも増えているので、手に入れる前に検討してみるのもおすすめです。

リサイクルショップやフリマなどの販売チャネルを持つ
リサイクルショップやフリマ、ネットのオークションサービスなどを利用する習慣をつけると、家にものが溜まりにくくなります。筆者は主にメルカリ(スマホのフリマアプリ)を使っていますが、サービスを使い始めてから、ものを新たに購入するときは、中古品になったときも価値があるかどうかを頭の片隅で考え、手にするようになりました。ただ、いつか売るから…と部屋で使わないものを山積みにしている人には、まずは捨てることをおすすめします。筆者の場合も部屋が汚かったとき(二年くらい前までどうしようもないほど片付けられない女でした)はそこまでする気になれなかったので、ある程度、ものがはけ、家にものを溜めない癖が身につき出したら、利用するといいでしょう。

さて、いかがでしたか?ものを買うときにいろいろ考えなきゃいけないのね!?と驚いた人もいるかと思います。でも、それくらい、ものを手に入れるのって本当に簡単で、慎重にならないと、どんどん増えていってしまうものなのです。皆さんもちょっとずつ意識するだけで、ぐっと自分の行動が変わるので、できることから始めていってみてくださいね!

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事