ライフスタイル

100均で買える材料で簡単に作れる!ベビーマフラーと帽子

handmade_mie01.jpg

寒くなってくると、赤ちゃんにも帽子やマフラーをしてあたたかくしてあげたい、と思う乳幼児ママも多いのでは?でも赤ちゃん用のぴったり小さいサイズのものはなかなか手に入りません。100円ショップで揃う材料でだけで安く簡単にすぐマフラーと帽子ができちゃったのでご紹介します。
材料は全て100円ショップ!
毛糸も編棒も、編み方の本も100円ショップで手に入ります!ただし、人気なので入荷してもすぐに無くなってしまうことも。また、毛糸は手芸店などで買うものより、ひと玉の長さが短いので、多めに買っておくのがおすすめです。ちなみに筆者はキャン・ドゥでそろえました。初心者は太めの毛糸と編棒を選ぶと簡単に短時間でできますよ!もちろん赤ちゃんの肌にも優しい、ちくちくしない手触りの毛糸を選んでくださいね。まずは、本をみて作りたいものを決め、書いてあるおすすめの毛糸を選ぶか、似たような太さで気に入った毛糸を選んでから、毛糸の注意書きに書いてある適した号数の編み棒を買うという順番がおすすめです。

ボンボンの作り方
まずは帽子やマフラーにつけるとかわいいボンボンの作り方です。好みのサイズでよいですがここでは、8cm四方くらいに切った厚紙に2色の毛糸を同時に100回くらい巻きます。厚紙に切り込みを入れながらそっと抜き、30cmくらいの長さの毛糸で中央をきつく縛って、両側の輪を切ります。周囲を丸く切って整えたら完成。帽子とマフラー用に2個作ります。

中央をしばった毛糸はそのまま残しておき、その糸で帽子のてっぺんとマフラーにボンボンをつけます。

帽子を作りましょう
handmade_mie03.jpg

一番単純なガーター編みと1目ゴムだけで、輪編みをしなくてもいい作り方が掲載されていたので、大人用を適当にアレンジして小さいサイズを作りました!初心者でもすぐできます。パレッタという毛糸をピンク2玉(1玉約30g、35m)、ベージュ半玉くらい使用しました。

マフラーを作りましょう
こちらはかなりアレンジしたのですが、2目ゴム編みを100段くらい編んで、片方を絞ってボンボンを縫い付け、もう片方は直径8cmくらいの輪にして、とじ針でざっくり縫い付けて完成。これで首元が閉まってしまうこともなく、解けにくいちびっこ用マフラーができます。こちらもパレッタという毛糸をピンク3玉(1玉約30g、35m)ほど使用しました。

子どもサイズはあっという間!
多少試行錯誤したものの帽子は4時間、マフラーは3時間ほどで完成。トータルで1,000円(毛糸6玉、編み棒1組、本2冊)もかかりませんでした。子どもが寝たあとに1晩ずつ夜なべするくらいで完成。ちなみに編み物は、はるか昔、高校生の時にマフラーを編んだくらいの初心者です。慣れた方ならもっと綺麗にあっという間にできると思いますよ!
handmade_mie2.jpg


かかる時間も短時間で、これだけのアイテムを作っても、かかった費用は1,000円以下。しかも、すべてが100均で揃います!自分の子どもに合うぴったりサイズに仕上げられ、何より愛着もわきます。似合いそうな色を選んだりデザインを考えたりするのも楽しいもの。クリスマスプレゼントにもおすすめですよ!

人気記事ランキング

最近の記事