ライフスタイル

壁に貼るだけ!毛糸のポンポンでクリスマスグッズを作りませんか?

P1010239-2.jpg

いよいよ、大人も子どももワクワクするクリスマスシーズンがやってきます。クリスマスに向けてお部屋の飾りつけをすることも楽しみのひとつですよね。今年のクリスマスはちょこっと工夫を凝らし、暖かみを感じられる毛糸のポンポンを使ってクリスマスグッズを手作りしてみませんか?
まずはポンポン作り
《用意するもの》
・毛糸(ファータイプ)
・はさみ

《作り方》
P1010209.jpg
①手のひらにぐるぐると毛糸を20周ほど巻きつけたあと、20cmほど残してはさみで切る
②輪を崩さないように手のひらからはずし、残しておいた20cmの毛糸を輪の部分に何度か通す。
③毛糸をほぐすように形を整え完成

一般的な毛糸のポンポンは毛糸を巻いたあとに真ん中を縛り、はさみで切り円形に揃えていく工程が必要です。作ってみるとひとつ作るのに意外と時間がかかる…。でも、絡みやすい毛質のファー毛糸を使えばこんなに簡単!出来上がりは平べったい形のポンポンになるので、壁に貼るのに向いています。

ポンポンができたら壁に貼るだけ!
ポンポンが出来上がったら、クリスマスツリーもリースも好みの大きさ・形にしながら両面テープで壁に貼りつけるだけ!両面テープがうまくつかない壁紙が使われている場合は、ピンの抜いた跡が目立たないタイプの押しピンや虫ピンを使用してください。

P1010205.jpg

クリスマスリースを作る場合、綺麗な円にしたいときは、円形の台紙にポンポンを縫いつけていきます。円形の台紙として筆者が使用したアイテムは、100円ショップダイソーで売られていた「ペーパーマット」。素材が紙のため軽量で多数の隙間があるので、ポンポンを固定しやすく、壁につける際も重みがないので扱いやすくおすすめです。


今回ご紹介した壁に貼る毛糸のポンポングッズの良い面は、なんといっても場所をとらないこと!壁さえあれば、どこでも飾りつけできちゃいます。手が空いた時間にちょこちょこ作りためていけば、すぐにたくさんのポンポンが出来上がります。ツリーやリース以外にも文字を作ったり、雪だるまなどのモチーフを形どってもかわいいですよ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事