トレンド

カナダ大使館に行こう!絵本の読み聞かせ会でママも外国気分♪

Book Reading Picture a Tree 2014-04-23 (5) のコピー.jpg

東京・港区のカナダ大使館の中にある「E・H・ノーマン図書館」。こちらで絵本が借りられるのをご存知ですか?また図書館では、4〜10歳の子どもを対象とした英語や仏語での絵本の読み聞かせ会「子ども向けカナダの図書を読む会」も月に一度のペースで開催されているんです!

4歳になったばかりのわが子を連れて初めて参加した時は、「ホントに大使館に入っていいの?」「英語についていけるかな」と、恐る恐る参加。でも、大丈夫です!!
事前に予約した対象年齢の子どもと保護者なら無料で参加OK!読み聞かせは、その場ですぐ日本語に訳してくれるので、英語に慣れていない子どもでも楽しめます。
今回はカナダ大使館の図書館と、「子ども向けカナダの図書を読む会」をご紹介します!

外交官たちがカナダの本を英語や仏語で読み聞かせ
誰でも利用できる図書館にも関わらず、大使館に併設されているため、認知されにくい状況にあった「E・H・ノーマン図書館」。そこで、カナダや図書館のことを広く知ってもらおうと、2006年に「子ども向けカナダの図書を読む会」を始めたそうです。カナダ人外交官やその家族が、母国語である英語や仏語で、カナダの絵本の読み聞かせをしています。

毎回、絵本によって英語か仏語で読み聞かせが行われます。作者やイラストレーターが来日すると、なんとご本人に読んでもらうこともあるそうです。
また、毎回絵本に合わせて、工作、絵、音楽などのアクティビティーを楽しめます。私たち親子が参加した回では、ハロウィーンで仮装したり、カナダの面白い名所を紹介してもらったり、親子で楽しめる内容になっています。

開催情報は、カナダ大使館図書館のサイトに掲載。対象年齢の子どもと保護者であれば誰でも申し込めます。定員があるので、まずはイベント情報をチェックしてお問い合わせを!

最大4週間OK!郵送で本の貸し出しも
DSC_0124 のコピー.jpg

図書館ではカナダに関する図書を中心に約15,000冊を所蔵。「赤毛のアン」といった名作をはじめ、日本語で読めるカナダの絵本や観光ガイドブックなども並び、カナダの様々な情報を入手出来ます。
登録をすれば、図書は一度に5冊まで4週間、その他、DVDやCDなども借りられます!郵送での貸し出しにも応じてくれますよ。アクセスや利用方法など、詳しくはカナダ大使館図書館のサイトでご確認ください。

絵本を通じて外国語に触れるのはもちろん、カナダについて学んだり、普段なかなか足を踏み入れることがない大使館を訪ねるのは、ちょっとした外国気分で貴重な体験ですよ。







LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事