食&レシピ

アイディア満載!ママフードコーディネーターのクリスマスごはん〜おうちディナー編〜

IMG_1006.JPG

7歳と3歳の女の子のママであるフードコーディネーターの八木佳奈さんに、プライベートのクリスマスディナーの様子をみせてもらいました。メニューや盛りつけ、子どもとの楽しみ方など、取り入れたいアイディアがたくさん詰まっています。
メインはローストチキン。つけあわせでクリスマス感を
DSC_48202.jpg

yagi1.jpg

「クリスマスにはローストチキンがこのところの定番です」と八木さん。下味に一晩漬けこんで、ガスオーブンで焼くローストチキンは、皮はパリパリで、なかはふっくらジュシー。当時2歳の下のお子さんには、食べやすいようにカットして盛りつけています。
つけあわせの野菜は、姉妹それぞれリース型とツリー型に。「茹でたブロッコリーにマヨネーズで缶詰のコーンを接着。リボンはにんじんをピーラーでむいて塩をふり、しんなりさせて形を作ります」

フィンガーフードはサンタさんとツリーに
yagi2.jpg

ミニトマトをカットしてクリームチーズをはさみ、黒ごまで目をつけたサンタさん。ツリーは、ピーラーできゅうりをむき、ジャバラにして角切りのロースハムに星のピックで止めて作ります。ほかにもジャガイモのガレットや野菜たっぷりのコンソメスープ、パンやチーズが食卓を彩ります。

ケーキのデコレーションは子どもにおまかせ
f0046923_52438972.jpg

飾り用のクッキーづくりは子どもたちも参加。特に型抜きは小さな子どもでも楽しくお手伝いできます。あらかじめ八木さんがナッペ(=スポンジにクリームを塗ること)しておいたケーキのデコレーションはお姉ちゃんが担当。「絞り袋いっぱいに生クリームを入れてあげたのに、仕上がりをイメージしてシンプルにデコレーションした長女にびっくり」。お姉ちゃんのセンスもあって、とてもキレイなクリスマスケーキが完成しました。

大人はおいしく、子どもは楽しい!家族でのんびりのクリスマスごはんにぴったりですね。ぜひ、今年のメニュー&デコレーションの参考にしてください!

八木佳奈さんプロフィール
フードコーディネーター、フードスタイリスト。近著は『魔法のパン』(主婦と生活社)、著書に『バムとケロのおいしい絵本』(文渓堂)、『赤ちゃん・子どものお祝いごとがわかる本』(朝日新聞出版)など。
魔法のパン -
魔法のパン -
バムとケロのおいしい絵本 -
バムとケロのおいしい絵本 -
イラスト・写真で見やすい 赤ちゃん・子どものお祝いごとがわかる本 -
イラスト・写真で見やすい 赤ちゃん・子どものお祝いごとがわかる本 -




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事