食&レシピ

捨てないで!カリフラワーは茎と葉も美味しく食べられる!

DSC_5371.jpg

大きくて立派な茎と葉にガッチリ包まれて売られているカリフラワー。茎と葉を取ってしまうと、食べる部分はすごく小さくなってしまいますよね。
この茎と葉、捨ててしまうのはもったいないと思いませんか?
真ん中の部分に比べるとちょっと硬い茎と葉だけど、工夫すればちゃんと美味しく食べられるんですよ。
よく火を通して柔らかく仕上げると、ほっこりした甘みが出て、優しい味わいです。
カリフラワーの茎と葉のポタージュ
IMG_7448.jpg

まずは、寒い時期にうれしいポタージュ。作り方はニンジンやかぼちゃなどのポタージュと同じです。圧力鍋とハンドブレンダーがあれば、短時間で簡単にできますよ。
茎と葉は分けないで、そのまま一緒に使います。

<材料(3〜4人分)>
カリフラワーの茎と葉 1/2個分
玉ねぎ 小1個
油(サラダ油、グレープシードオイルなど) 適量
バター 大さじ2
牛乳 200cc
水 適量
塩 小さじ1
ハーブ(オレガノ、ローズマリーなど) お好みで

<作り方>
1.カリフラワーの茎と葉は、繊維を断ち切るようになるべく薄い小口切りにします。玉ねぎは薄切りに。
2.鍋に油を入れ、1を炒めます。
3.全体がしんなりしたら、材料の全体が浸るくらいの水を入れ、蓋を閉め、弱火にします。圧力鍋を使う場合は10分程度、普通の鍋なら1時間以上、カリフラワーの茎と葉が柔らかくなるまで煮込みます。圧力鍋ではない場合は、水が足りなくなったら少しずつ足します。
4.鍋の蓋を開け、ハンドブレンダーでミキシングします。
IMG_7443.jpg

5.牛乳、バター、塩を入れて混ぜ、弱火で沸騰する直前まで温め、塩加減を整えます。お好みでハーブを散らします。

香りと優しい甘みは、カリフラワーの真ん中の部分とほとんど変わりません。柔らかく煮込むのにやや時間がかかるので、圧力鍋があると便利です。

カリフラワーの茎のキンピラ
いつもの食事の付け合わせにあると便利なキンピラ。色々な野菜の皮で作れますが、カリフラワーの茎で作るとほっくりした食感で新鮮な味わいです。めんつゆを使って簡単に。

<材料>
カリフラワーの茎 1/2個分
ごま油 大さじ1
白ごま 大さじ1
めんつゆ(3倍濃縮タイプ) 大さじ3
砂糖 大さじ1
輪切り唐辛子 お好みで

<作り方>
1.カリフラワーの茎を5cm程度の長さに揃え、まず薄切りにして、それを重ねて千切りにします。
2.フライパンにごま油を入れ、中火にかけ、1を入れて、ややしんなりするまで、途中で味見をして好みの食感になるまで炒めます。
3.白ごま、めんつゆ、砂糖、輪切り唐辛子を入れ、汁気がなくなるまで炒め合わせます。

お子様用には輪切り唐辛子なしで。

他にも、薄切りにしてカレーに入れたり、千切りにしてチンジャオロースーの筍替わりにしたりなど、色々と使えます。
実は美味しいカリフラワーの茎と葉、捨てないで、ぜひ料理してみてくださいね。
PHOTO/Maiko Kudo






LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事