ファッション

合間に塗っても、失敗なし。ママの味方「塗りかけネイル」

IMG_5443.JPG

ネイルなんて、二の次。というママも、かわいいネイルをしている友達を見ると、やっぱりいいな〜と思うもの。かといって、毎日、家事に育児に……と手先を動かすことばっかりで、ネイルをじっくり乾かしているヒマなんて、どこにあるの?というのが、現実です。
そんなママの忙しい日常の合間にだってできる、セルフネイルをご紹介します。
塗る時間は、なんと、ひとつの爪あたりわずか5秒ほど! 塗るのも簡単だから、乾かす時間もかからない。すぐ乾くから、失敗もない。そしてなんといっても、かわいくておしゃれ!
そんないいことずくめの「塗りかけネイル」、早速チェックしてみましょう。
全面に塗らない、だから失敗しない
IMG_5446.JPG

その名も「塗りかけネイル」。爪全面に美しく塗ろうとするから、ムラになったり乾く前によれたり、日にちが経ってはがれ落ちたり……と失敗が目立つのです。このセルフネイルは、塗りかけの状態でやめるので、そんな心配はご無用。とはいえ、ただ塗りかけならなんでもいいというものではありません。かわいくておしゃれに見せるコツは……!?

少しのコツでかわいくおしゃれに
IMG_5450.JPG

一番のポイントは、ハケのかすれ具合。塗るときにハケに付いてくるネイルを瓶のフチで何度かしごきます。そのようにして、ハケにネイルをベットリと付けない状態で、ハケの全面を爪に押し付けるようにひと筆でさっと勢いよく塗ります。そうすると、ハケのかすれた線が模様のような役割をしてくれ、エッジの効いた仕上がりに。2〜3色、重ねて塗るとデザインアートっぽくなります。多くの色を使う場合は、爪ごとに色ののせ方をアレンジしてみると、好バランスに。
最初にベースコートを塗ってから色を付けるとより美しく、最後にトップコートを塗るとツヤっと感が増します。

ラメや塗りかたでアレンジ無限
FullSizeRender.jpg

さらに、ラメを使うと、より簡単で失敗知らずに。大粒のラメならベースに色を塗らずに、ラメネイルだけで完成させると、ヌーディさが新鮮でおしゃれな見栄えになります。
そのほかにも、ただ点でぽとんと落とすように塗ったり、塗る場所や面積を違えてイメージを変えるなど、いろいろとアレンジを楽しめます。
しかもうれしいのは、はげてきてもわからないところ。簡単だからこそ、洋服に合わせて色を気軽にアップデートできます。

私は、子どもがお昼寝したところを見計らって、ササッと塗るのが日課。それから、家事や仕事をしているうちに、あっという間に乾いてしまいます。もし、子どもがお昼寝から早めに目覚めてしまって、抱っこや授乳でネイルがかすれてしまっても、そのかすれが味になって、不思議と素敵な仕上がりになることがほとんど。たとえヘンになってしまってもそこだけ塗りなおせばいいので、じつに楽ちんで簡単おしゃれなのです。




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事