ライフスタイル

買い足しはレギンスのみで。マタニティ期の賢いおしゃれ

IMG_7631.JPG

妊娠中は、いろいろと買い足すものが増えるもの。例えば、洋服。どんどん大きくなっていくおなかに、今までの洋服が着られなくなってしまうと、マタニティ専用の洋服を買ったり、下着なども全とっかえしなくてはならなかったり、と費用はかさむばかり……。でも、出産後はまた使わなくなる、と思うと少しもったいない気もしますよね。
そこで、マタニティ期のおしゃれの賢い楽しみかたをご紹介します。
トップスは買わない
手持ちのもの全てではなくとも、ざっくりとしたシルエットのトップスであれば、案外妊娠中でもいけるもの。早速クローゼットをチェックしてみましょう。チュニックなどは、手持ちのものでもいけるはず。タイトめのシャツなどでも、ボタンを開けて着ることで活用できます。着られそうなものなんてない……という場合でも、わざわざマタニティ用のものを買わずともOK。最近はビッグサイズがトレンドの流れなので、お気に入りのブランドやプチプラブランドでも、きっと着用可能なサイズのものを探すことができます。私自身、夏と冬の両方とも臨月期を経験しましたが、どちらもマタニティ用のトップスは買わずに乗り切りました。

通販で安くてかわいいレギンス探し
ただ、ボトムは絶対に買い足しが必要。私は妊娠6ヶ月くらいまでは、手持ちのデニムのウエストボタンを外してトップスの裾で隠して履いていましたが、あまり推奨するスタイルではありません。おなかをちゃんとカバーするためにも、マタニティ用のボトムは絶対に必要。かといって、何個も買う必要はありません。私が買ったのは写真のデニムレギンス、黒レギンス、カーキレギンスの3本だけ。ネット通販で「マタニティレギンス」と検索をしてみると、たくさんの種類が出てくるので、ぜひチェックしてみてください。3パターンほどマタニティレギンスがあれば、どんなトップスにもだいたい合わせられます。おしゃれできない寂しさはありましたが、私の場合は欲しいボトムをこまめにスマホのメモ帳に更新して「出産後に買おう!」と、ストレスを解消していました(笑)。

でも……コートはどうするの?
冬におなかの大きい時期を迎える妊婦さんの悩みどころは、コート。値が張るアイテムでもあるし、いままでのものはボタンがしまらない……。私も、さすがにコートは買い替えかな、と思っていたのですが、ユニクロなどのプチプラブランドで、大きめのインナーダウンを購入し、手持ちのコートのインに着ることで解決。インナーダウンをしっかり着ていれば、コートの前を開けたまま着てもあたたかさはキープできます。

買うものは買う、おさえるところはおさえる、とメリハリをつけることがポイント。手持ち服を賢く活用して、今しかないマタニティ期のおしゃれを楽しんでくださいね。




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事