旅行&お出かけ

ハワイで配車サービスのUBER、Lyftを使ってみた!【体験記】

Fotolia_94493396_Subscription_Monthly_M.jpg

スマホアプリで配車できるサービス・UBER(ウーバー)とLyft(リフト)。UBERは日本でもサービスを展開中(Lyftはアメリカ国内のみ)ですが、一部の地域に限定されることもあって、利用したことがない方も多いのでは?かくゆう筆者もその一人。今回、ハワイのオアフ島で初めて使い、その便利さを実感したので、体験記を紹介します。


UBERとLyftはハワイでの移動に便利なスマホアプリ!
ハワイで困るのが移動のこと。レンタカーを借りるほどでの距離ではない、バスは便利だけど本数の少ないルートもあるし、時間がかかる。タクシーはどのくらい料金がかかるのか見当もつかない…。そんなときにおすすめなのが、配車サービスのアプリ・UBERとLyft。GPS(位置情報)を使って乗車場所と目的地を指定すると料金が表示され、車が来て、目的地まで連れて行ってくれます。なので、英語が苦手な人も安心。ドライバーはプロではありませんが、乗車後に評価する制度があるからか、皆、親切で質のいい印象を受けました。

どちらのアプリもクーポンを上手に使おう!
アプリのダウンロード後、初回乗車時に一定額が無料になるクーポンコード(特定の数字)を打ち込めば、クーポンを入手できます。検索すれば、いろいろと初回クーポンコードは出てきますが、ハワイで使うなら、ドル建てのものを入手しましょう。今のところ、公式サイトに記述されている22ドル(2017年3月現在。価格は変化するようです)がもっとも無料幅の大きいクーポンを支給してくれる、クーポンコードだと思います。私たちは夫婦でダウンロードし、各22ドルのクーポンを入手しましたが、利用者が新規ユーザーに紹介すると、両方にクーポンが配給されるシステムもあるので、そちらを使うのも良いかもしれません。ぜひ、無料クーポンは、一緒に旅行する大人の人数分、入手しましょう。

ちなみにLyftはネットで見つけた一般の方が紹介するコードを使って、50ドルクーポンを手に入れましたが、蓋を開けてみれば、50ドルを一度に使えるわけではなく、5ドルを10回でした。クーポンがすべて10回券なのかはわかりませんが、もしもそうだった場合、乗車距離が短い場合はLyft、中長距離はUBERと、使い分けるのもいいと思います。

料金はアクセスするタイミングで変わることも!
また、私たちが主に使っていたUBERで気づいたことですが、同距離でもアクセスのたびに価格が5〜10ドル違いました。料金が需要と供給によって変動するのが特徴なので、朝のピークタイムは高いと聞いていましたが、例えば、ワイキキ〜ハナウマ湾の場合(車で約35分)、午前6時57分に検索したときは27ドルだったのが、いざ、本当に呼ぶことになった午前7時5分には、33ドルに値上がり。別の日、ダイヤモンドヘッド〜マノワの滝(車で約20分)が、午前9時15分に26ドルと表示され、一度、エラーが起こって失敗し、3分後に配車できた時には19ドルに。エラーに感謝したのは、言うまでもありません(笑)。とにかく料金は刻一刻と変動します(特に朝の時間帯は!)。ちなみにUBERは目的地が変わらない限り、配車時に表示された金額をぴったり支払いましたが、Lyftは○ドル〜○ドルみたいに、幅を持って表示され、乗車後、最終的に支払い額が決まりました。また、UBERはノーチップですが、Lyftは乗車後、チップを選ぶ表示が出ます。私たちは気持ち程度に支払いましたが、NONE(なし)もあるので、それを選んでもいいと思います。支払いはどちらも事前に登録したクレジットカードです。

さて、いかがでしたか?私たちはUBERに関しても、Lyftに関しても、また利用したいと思うほど、ファンになりました。ハワイで子供がいる旅行だと、特に有用な選択肢となり得ると思いますよ。これから旅行に出かける人は、クーポンも上手に利用して、賢くこれらのサービスを利用してみてくださいね!

PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。