子育て

ママの心強い味方、ベビークモンって知ってる?【PR】

Fotolia_131692445_Subscription_Monthly_M.jpg

1958年に誕生し、今では世界49の国と地域で学びをサポートする公文式。子どもの頃、お世話になったママも多いのではないでしょうか。そんな公文式に0〜2歳向けの「Baby Kumon」というサービスがあるのをご存知でしたか?
「Baby Kumon」って何をするの?
公文式と言えば、自主学習を通して“自分でできた!”という達成感と共に、学力を高めていくメソッドが有名です。それゆえまだお話もままならない0〜2歳にどうやって学習させるの?と思う人もいるかも知れません。

でもそこはさすがの公文式。長年多くの子どもたちを見つめてきたノウハウを生かし「Baby Kumon」は誕生しました。

いつでもどこでも一緒に学べる!
「Baby Kumon」は、お子さまの発達に合わせたオリジナル教材を使用。

教材は聞かせる&見せる「うたぶっく&CD」、ことばのやりとり遊びをする「やりとりぶっく」「やりとりカード」や様々な世界観にふれることができる「よみきかせえほん」などが揃っています。

例えば、乳児期の子に教材って早くない?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、字はもちろん、言葉がまだ分からなくても、やさしいメロディーやテンポのいい歌を一緒に聞いたり、ママがわが子に“歌いかけや語りかけ”をしたりすることで、子どもの脳は刺激を受け、より活発に活動するようになるそうです。
さらに語りかけのバリエーションや方法など、最も適切な接し方を、月に1回先生が指導してくれるので、子どもは大きな安心や心地よさを感じつつ、ママとやりとりできるようになります。

うた・読み聞かせと言った親子の言葉のやりとり遊びを続けていくことで、コミュニケーションが活発になってくると、様々なものに興味を示すようになります。「Baby Kumon」の教材はバリエーションが豊かなので、わが子がどんなものに興味があるか知るきっかけにも。

また、お子さまの好奇心をより引き出してあげる方法、さらにはそこから“できた!”の達成感を味わってもらえる方法のヒントもいっぱいです。
そんな「Baby Kumon」がただいま「無料お試しキャンペーン」を実施中。どんな教材か試してみるには絶好のチャンスです。

それだけじゃない! ここもチェック
「Baby Kumon」のメリットは子どものためだけじゃありません。先生との月1回の面談では、教材の使い方はもちろん、多くのお子さまを見ている先生ならではのアドバイスがもらえるので、何かとわからないことに直面して悩みがちな育児中のママにとって心配事が軽くなることも。

また、忙しいママやパパがサッと読めるように工夫された育児冊子「やりとりレシピ」や、先生と一緒にお子さまの成長を記録する「れんらく帳」など、育児サポート面からもありがたいことがいっぱいです。

BabyKumonSet 036 0410.jpg

ベビークモンは、全国約10,000教室。わが子のためにトライしてみたいと思ったら、まずはホームページをチェックしてみてはいかが?



PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事