食&レシピ

いつもの食パンに「+?」で、ハイブリッドトーストに進化!?

DSC_2500.JPG

テレビで取り上げられたことで、人気に火が付いたハイブリッドトースト。チャレンジしやすいので、すでに経験済みという方も多いと思います。
いつもの食パンに物足りなさを感じたり、ちょっと時間が経ってかたくなってしまったりした時に、冷蔵庫にある残り物や冷凍食品をちょい足しすることで、食パンをワンランク上のハイブリッドトーストにグレードアップさせることができるんです。
今回、提案するバリエーションは3つ。どれも、食パンにチョコっとした具を足すだけで、味だけでなくボリュームもかなりモリモリになるレシピです。
(1)冷食を使ったオムスパトースト
DSC_2485.JPG

≪材料≫1人前
食パン 1枚
卵 1個
冷凍食品のスパゲティ 1カップ(40g)

(2)しっとり寝かせたオムハヤシトースト
DSC_2487.JPG

≪材料≫1人前
食パン 1枚
卵 1個
ハヤシライス(昨日の残り) 40g

(3)キャベツとハムのキッシュ風トースト
DSC_2490.JPG

≪材料≫1人前
食パン 1枚
卵 1個
キャベツとハムのガーリック炒め(昨日の残りのおかず) 40g
ピザ用チーズ 10g

≪共通の作り方≫
DSC_2483.JPG

①食パンの真ん中をくりぬいて額縁状にしておく。
②卵は、割って溶いておく。具材となるおかずは先に電子レンジであたためておく(時間は、おかずによって調整してください)。
レシピ(3)のキャベツとハムのキッシュ風トーストでは、作り方②の溶き卵の中にピザ用チーズを入れておきます。
DSC_2491.JPG

③フライパンに油をひいて中火にし、額縁状にした食パンを焼く。


DSC_2492.JPG

④開いている穴に、溶いた卵を入れて焦がさないように弱火でじっくりと焼く。
スクランブルエッグの要領で、時々卵をかき回すと火が通りやすくなります。


DSC_2493.JPG

⑤卵がだいたい固まってきたら中に入れたい具材を広げて入れる。
すでに、具材は温めてあるのであまりいじらずにポンと乗せるだけでOKです。


DSC_2494.JPG

⑥上から、くりぬいた食パン部分を蓋のようにかぶせて、卵と具材・食パンが密着するようになるまで焼く。


DSC_2496.JPG

⑦ひっくり返して、カリカリになるまで焼いたら完成です!

食パンに追加する具材は、どれも調理済みのものを使っているので、先に電子レンジで温めておけば後は卵に火が通るだけでOKの簡単クッキング。いつもちょっとだけ残るおかずを使ってアレンジすると、2日目に食卓に出してもまるで一から作ったもののように新鮮に感じられますよ。

今回、我が家の冷蔵庫にある食材だけでアレンジをしてみましたが、みなさんの冷蔵庫にはまた違った何かがストックされていると思います。ぜひ、アレンジできる食材がないかチェックして、チャレンジしてみてください。


人気記事ランキング

最近の記事