食&レシピ

我が家の定番!忙しい朝でも楽しみながら子どもが食べてくれるフィンガーパンケーキ

pancake.jpg

朝食を食べないと、朝から力が発揮できなくなってしまう…とよく言います。でも子どもって、朝は眠くて、着替えや準備にも時間がかかったりと、なかなか思う様に朝食を食べてくれませんよね。そんなことで困っていた我が家では、パンケーキを使ってなんとか朝食を食べてもらおうと考えついたんです。
忙しい朝にぴったりの朝食メニューとは
我が家の朝は、2人の子どもの幼稚園と保育園への準備で大忙し。お弁当作りに始まり、着替えや持ち物を揃えるなど、筆者は家族で一緒に朝食をとる時間がありません。

しかも、子どもだけで食べさせておくと、大体口が動いていなかったり、テレビに気をとられていたり…。これではしっかりした朝食メニューにしてしまうと、全てを食べるのに時間が足りません。

そこで筆者が考え付いたのがフィンガーパンケーキです。パンケーキをクッキーの型で型押しし、片手でつまめるようにしておけばパクっとひとくちで食べられて、子どもも口に運んでくれやすいんです。

バターや蜂蜜を塗らないフィンガーパンケーキ
パンケーキと言えば、バターや蜂蜜を上に乗せて塗りながら食べるのが定番ですが、フィンガーパンケーキは、手や服を汚さないように上からは何も塗りません。

ただ、それではパンケーキの本来の味だけになってしまうので、生地の中にいろいろなテイストを練りこんで、味付けと栄養を兼ねて毎日食べても飽きないような工夫をします。

作り方はとても簡単で、市販のパンケーキミックス(ホットケーキミックス)に、卵と牛乳を、規定の分量入れて混ぜます。ここに、ココアパウダーと蜂蜜や、ジャム類、にんじんのすりおろしと蜂蜜などを混ぜて入れ、普通のパンケーキと同じ要領で焼くだけです(乳幼児に作る時は蜂蜜を入れないでくださいね)。
牛乳の代わりに豆乳を使ったり、ヨーグルトを混ぜても美味しいですよ。

混ぜ込む材料を工夫することで、炭水化物だけでなく、ちょっとした野菜やタンパク質も摂れるようにすると、これ一品で朝食を済ませることが出来ます。

時には自分で型押しさせて食べる楽しみを
子どもは親がバタバタと準備をしていても、容赦なく「ママ~!」と呼びます。でも朝はとにかく時間がないから、ちゃんと座って食べていて欲しい…。そんな時には子どもたちにクッキー型を渡して、自分で型押ししながら食べる事を楽しんでもらいます。我が家では、型押しが楽しみになって、朝食を自ら進んで食べてくれるようになりました。

子どもの成長を考えると、朝食を食べる習慣は欠かせたくないですよね。ちょっとした工夫で食べてもらえるフィンガーパンケーキ、おススメです。







LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事