ライフスタイル

お金も収納場所も節約!絵本選びは図書館を賢く利用

Fotolia_119653994_Subscription_Monthly_M.jpg

子どもの心を育む、絵本の読み聞かせ。
可愛い我が子のためだから、たくさんの絵本を読んであげたいし、惜しみなく買ってあげたい。しかし、予算も収納場所も限りがありますよね。
筆者は絵本が好きで、子どもが生まれる前から自分用に絵本を購入していました。子どもが生まれてからも気になる絵本は次々に購入していたのですが、どんどん増えていく絵本に本棚はあっという間にいっぱいに……。
このままでは、家計も収納場所も絵本に圧迫されてしまう!
そこで、筆者は図書館を利用することにしたのです。


お金と収納場所を節約!
絵本は図書館で借りることにした筆者。
それでは、一体どのくらいの節約になっているのでしょうか。
筆者が一度に図書館から借りる絵本は約5冊。返却期限に合わせて月に2回ほど図書館へ行き、その度に絵本を借りています。ですから、ひと月に借りる絵本は約10冊。
絵本1冊の値段を1,000円と考えると、購入するよりも1万円も節約したことになります!
そして、収納場所の節約にもなります。
筆者宅では、リビングの棚の一部を図書館から借りてきた本を置いておくスペースにしています。筆者が読むために借りた本と絵本を合わせると10冊近くなるのですが、これが結構かさ張るんですよね。しかし、返却してから借りているので、棚の決められたスペースから溢れ出ることはありません!限りある収納スペースを賢く使っていけたらママの片づけもラクになるのではないでしょうか。

図書館絵本で新ジャンル開拓!
お金を払って絵本を購入する場合、子どもの好きなジャンルであったり、ママの好きな絵本作家さんのものなど、絶対に“外さない”絵本を選ぶことが多いと思います。気づいたら、本棚の中には似たようなジャンルの絵本ばかり……なんてことも。もちろんそれも良いのですが、せっかく図書館で借りるなら、普段は読まないようなジャンルを開拓してみるのもおすすめ!
筆者は、それまで読んだことのなかった昆虫の絵本を借りてきたところ、これが我が子に大ウケ!子どもの興味を広げるきっかけになりました。

買う絵本と買わない絵本、メリハリをつけて
絵本は図書館で借りる派の筆者ですが、全く購入しないのかと言ったらそうではありません。図書館で借りた絵本の中から購入するものを厳選しているのです。
図書館で絵本を借り続けていると、子どもにとって特にお気に入りの作品が現れることがあります。借りている間は毎日読みたがったり、返却することを告げると泣くほど別れを惜しんだり!そこまで気に入った絵本は迷わず購入しています。

ロングセラーの名作や気になる新作など読みたい絵本は尽きません!みなさんもぜひ図書館を活用してみてくださいね。

PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。