トレンド

外出先で飽きさせないおもちゃ!シールブック&マグネットブック

IMG_2895.JPG

新幹線での長距離移動中など、子どもを飽きさせないおもちゃを持っていると便利ですよね。そんな時のおすすめは、シールブックやマグネットブック。2歳児くらいから、喜んで遊べるものが数多く出ていますよ!
シールブック・デビューにおすすめの一冊
子どもはシールが大好き。貼って剝がして何度も遊べるシールブックは、絶好のおもちゃです。100円ショップや書店などで買えますが、シールブック・デビューに際しては、小さな子どもでも遊びやすいように、シールのサイズが大きめなシールブックを選ぶことがポイントになります。筆者の娘のシールブック・デビューは上の写真の「やさしいシールブック どうぶつのおやこ」でした。楽しくシールを貼れるだけではなく、可愛らしい動物のシールでごっこ遊びもでき、想像力も育むことができる一冊。我が娘は、最初の頃は台紙からシールを剥がすことに苦戦していましたが、他のシールブックに比べると剥がしやすい作りになっているようで、だんだん一人で剥がせるようになりました。

キャラクターもののシールブックも豊富!
IMG_2894.JPG

シールブックには、上の写真にある「アンパンマン」、「ルルロロ」、(Eテレ「おかあさんといっしょ」の)「ガラピコぷ~」のような、キャラクターものもたくさんあります。キャラクターもののおもちゃは、子どもが飽きやすいから買わないようにしている、というママもいるかもしれませんが、シールブックならお手軽なので(上の写真のものは540円~630円)、これくらいならOKか!と思えるのではないでしょうか。長距離移動中に差し出せば、特別感が高まって、より集中して遊んでくれるかもしれません。しかも、キャラクターもののシールブックは、ちょっとしたストーリー仕立てになっているものも多く、楽しいですよ。

シールブックの弱点を克服したマグネットブック
IMG_2896.JPG

しかし、先ほど書きましたが、小さな子どもはシールブックの台紙からシールを剥がすことに慣れるまでには、時間を要します。また、貼って剝がして何度でも遊べますが、流石にだんだんと粘着力が落ちてきます。そういった壁にぶつかった場合は、マグネットブックがおすすめです。シールブックよりは値段が高いので(写真の「はらぺこあおむし エリック・カール マグネット遊び」は1,300円)、我が子が気に入って何度も遊びそうな題材のマグネットブックを選ぶところがポイント。男の子にはプラレールやトミカ、女の子にはプリンセスものや着せ替えできるものなどがおすすめです。
「はらぺこあおむし エリック・カール マグネット遊び」は、39枚のマグネット付きで、「かたちあわせ」「かずあそび」「なかまさがし」「かざりつけ」の4つのテーマで遊べます。あおむしをはじめとしたお馴染みの絵柄のマグネットは、ママが見ても色鮮やかで美しいですよ。

いかがでしたか?お気に入りのシールブックやマグネットブックを見つければ、子連れのお出掛けが楽しくスムーズになるかもしれませんよ!








LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事