ファッション

保護者会や参観日のスリッパは、折りたためる収納ポーチ付きがおすすめ!

スリッパ写真①.JPG

新年度がはじまり、幼稚園や学校での参観日や保護者会がそろそろあります、という方も多い時期ではないでしょうか。事前のお手紙に「スリッパはご持参ください」と書かれていても「わざわざ参観用のスリッパを用意している人」は意外にも少ないものです。
そこで筆者の体験をふまえ、どのようなスリッパが実用的かをご紹介したいと思います。
自宅用スリッパを持参したものの、そのかさばる感じに四苦八苦
実際の参観日などで見ていると、普通のスリッパをビニール袋などに入れて持参している人を多く見かけます。
筆者自身も以前は、家にある普通のスリッパを使用していたため、うっかり下の子を抱っこしていようものなら、パタンパタンと地味に響く音とその歩きにくさ、スリッパを入れている袋のかさばる感じに閉口したものでした。
折りたたみができる携帯用スリッパの存在は知っていましたが、そこは冒頭に書いたように「わざわざ買うのか!?」という気持ちのまま過ごしていたところ、近所にあるユザワヤで¥298【税抜き】の携帯スリッパを発見、購入してみました。

収納ポーチに入れると、タオルハンカチを畳んだ大きさとほぼ同じ
スリッパ写真②.jpg

折りたたみの携帯スリッパを使用してみると、その機能性の高さにすぐ気づきました。まず、持ち運びが楽です。手提げのポーチやクラッチバッグなどにも場所をとらずに収納できて軽い。自宅のスケールで計ってみたこところわずか50グラムでした。かかとがあり、ゴムになっているので脱ぎ履きもしやすく、歩きやすい。
床のほこりや汚れは想像以上についてくるので、収納ポーチが付いているとスリッパ裏の衛生面も気にせず持ち運べます。

デザインはシンプルな黒か紺が無難、裏に滑り止めがついているかをチェック
スリッパ写真③.JPG

ネットを見てみると、デザイン性に優れたものや値段も¥800程度から購入できるようです。筆者は無難な黒を選び大正解でした。ワンポイントにリボンがついていると女性らしさが加わるのでおすすめです。
小学校や幼稚園の床は意外にも滑りやすいので、スリッパ裏に滑り止めが付いているかは必ずチェックしてみましょう。

年に数度の参観とはいえ、小学校6年間だけでも何十回と出番があるもの。この機会に、ご自分に合う一足を用意してみてはいかがでしょうか。




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事