子育て

ワンオペ育児!2歳差の子どものお風呂は、この方法で乗り切った

IMG_1274.JPG

ワンオペ育児の我が家、子ども達は2歳差なのですが、下の子が生まれたばかりの頃のお風呂タイムは試行錯誤の連続でした。
上の子は当時2歳3ヶ月、さすがにまだ一人でお風呂に入れる年齢ではありません。夏場であれば、生後一ヶ月以降も沐浴だけで済ませるのもアリですが、下の子は11月生まれ。さすがに沐浴だけでは風邪をひいてしまいそうなので、どうにか3人でお風呂を済ませる方法を考えました。
下の子が寝ている間にお風呂に入れてみたものの…
まず、挑戦してみたのは、下の子がお昼寝をしている間に、上の子とお風呂に入る方法。
上の子と私がお風呂から上がるタイミングで毎回、下の子が起きて泣き出す、という感じで、無事にお風呂に入ることはできたのですが、このパターンだとお風呂からあがった後に上の子を一人で待たせておいて、もう一度ママは下の子を部屋から連れて行きお風呂に入らなくてはなりません。部屋とお風呂を2往復、お風呂にかかる時間が2倍に…。
2歳の上の子を一人きりで部屋で待たせるのも心配だったし、下の子のお昼寝タイムを見計らうのが大変で、お昼寝しない時には、いつお風呂に入れるのだろうか?と、心身ともに疲れてしまいました。

下の子を脱衣所で寝かせておく!
下の子、上の子、ママ、それぞれがお互いの気配を感じてすぐ手の届くところにいれば、心配事は減るのでは?と考え、短距離で済ませる方法を思いつきました。
それは「下の子を脱衣所で寝かせておく」ことです!沐浴用のベビーバスにクッションなどを敷き詰めて簡易のねんねスペースをつくり、オムツ1枚のままで寝かせてバスタオルなどをかけておきます。この時に重要なのは、寒い脱衣所を、ヒーターなどで暖めておくことです。脱衣所を暖めておくことで、オムツ1枚で寝かせておいても寒さの心配がありません。下の子を脱衣所で待たせている間に、上の子と自分の身体などを洗い、続いて下の子をお風呂に入れます。その間に上の子には、自分で身体を洗う練習をさせたり、お風呂場で遊べるオモチャを手渡してお風呂タイムを楽しく過ごせるようにしたりしました。
お風呂から出る時は、先に下の子をサッと拭いて、とりあえずオムツだけ装着。バスタオルを巻いて簡易のねんねスペースで寝かせて待たせたまま、上の子と自分の身体を拭きます。
このお風呂の入り方が、精神的にも体力的にも、ワンオペ育児にはぴったりでした!

子どもが小さいうちは、お風呂に入るのも一苦労。ママのお風呂タイムは嵐のように過ぎ去っていきますよね。あまり几帳面にならず、サッと汚れが落ちればいい!と、少し開き直ってお風呂にはいるのも大事だと思います。時間をかけず、子どもにもママにも負担が少ないお風呂の入り方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人気記事ランキング

最近の記事