子育て

ベビーバスをビニールプールで代用。その結果は?

IMG_1818.JPG

赤ちゃんを迎えるための準備って、本当に大変ですよね。初産であれば尚更、赤ちゃんグッズは何が必要なのか、なかなか想像がつきません。
そんな時、出産・育児雑誌やママ学級などで見かける「出産準備リスト」は心強い味方。
その出産準備リストを見てみると、ベビーバスは出産準備のマストアイテムに分類されています。
1人目の出産の時には、「出産準備リスト」を参考にベビーバスを準備したのですが、賃貸マンションの狭い部屋で置く場所にも困ったし、狭いお風呂場でストレスを感じながらベビーバスを使ったので、沐浴の時期が終わってすぐに処分してしまいました。そのような経験もあり、2人目の出産準備の時には、ベビーバスに対してあまり良いイメージが沸きませんでした。
そこで2人目の出産の時に、ベビーグッズは必要最低限のものとして、代替えできるもの(以前、おむつ用ゴミ箱について紹介した記事はこちら)は準備しない、と徹底することに決めました。なので、マストと言われているにも関わらず、ベビーバスを準備リストから削除!

ベビーバスの代わりに選んだモノとは?
必須アイテムのはずのベビーバス。我が家が出産準備リストから削除したのは上記の理由のほかに、赤ちゃんの1ヶ月検診後くらいまでの短い使用期間で、一時的にしか使用しないのに大型で場所もとるし、使用後の処分にも困るから、などでした。
そして、ベビーバスの代わりに目をつけたのが、小さな子ども用のビニールプール。プチプラ雑貨のお店で300円くらいの子どもが一人入れるビニールプールを購入し、ベビーバス代わりに使ってみることにしました。
大型のバケツや収納ケースでの代用も検討したのですが、値段を比較すると、300円というプチプラにはかないません。購入当初は、ビニールプールだから軽くて持ち運びもラクだし、立てかけておけば場所もとらないし、沐浴の期間が終わったらオモチャ入れとしてつかってもいいし、夏は水遊びできるし、良いことだらけじゃん!と軽い気持ちで考えていました。

ポイントはベビーバスならではの機能!
いざ、沐浴タイム!お湯を入れて使用してみると、子どもは泣くことなく気持ち良さそうにしていて、無事に沐浴できました。
ビニールプールはベビーバス代わりになる!と感動していたのも束の間、沐浴が終わってビニールプールのお湯を捨てるのに一苦労。よく見かける一般的なベビーバスであれば、お湯抜き用の栓がついていて簡単にお湯が流せる仕組みになっていますよね。
プチプラのビニールプールには、水を抜く機能はついていないので、狭いお風呂場で、ビニールプールを持ち上げてお湯を流さなくてはなりません。日を追うごとに、持ち上げて水を流すという作業が面倒になりました。
さらに、プチプラなものを毎日力一杯扱ってしまったために、あっという間にビニールプールの空気が抜けるようになり、使用できない状態になってしまいました。
また、ビニールプールの側面はボコボコとした形状のため、ベビーバスに比べるとお掃除するのも一苦労でしたし、屋外でプールとして利用する分には気にならないビニールプール特有のビニール臭が、お風呂場では何故か気になってしまい、それもストレスでした。
結局、数日でキッチンのシンクで使えるコンパクトなベビーバスを買い足すハメに!
立ったまま沐浴できるので腰痛にもならなかったし、ベビーバスを持ち上げることなく水を抜く機能はやっぱり便利、と再認識!お掃除もしやすくて、とっても便利でした。

結論として、ベビーバスは代替えがきかないので、必ず準備することがおすすめ!に至りました。
使用期間が短いので、レンタルを活用してみるのもいいですね。







LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事