食&レシピ

おやつに出しても子どもが喜ぶ、おにぎり3種

Fotolia_105663110_Subscription_Monthly_M.jpg

普段、子どものおやつにはどんなものを食べさせていますか?市販のお菓子、手作りお菓子、果物など、「甘いもの」が定番という家庭が多いのではないでしょうか。ただ、食べ盛りの子どもはおやつもいっぱい食べないと満足しない場合が多く、砂糖や添加物、カロリーなど、身体への影響も気になるところです。そんなときにおすすめのおやつメニューが「おにぎり」です。
おにぎりでお菓子を食べる量の調節
おやつにおにぎりを出したら、子どもが「ええ〜!おにぎりぃ〜?」って言い出しそうですよね。でも、お菓子を食べさせる前や、お菓子ともう一品として食べさせるだけでも、ぐんとお菓子を食べる量が減るはずです。夕食前の「お腹減った〜!」というときにおにぎりというのもあり。多少夕飯に響いたとしても、ご飯なので罪悪感はそこまでありません。
また、次にご紹介する3種類のおにぎりはどれも子どもウケする味なので、おやつに出しても、きっと喜んでくれますよ!

おやつ用おにぎり3種のレシピ
●甘辛が美味しい「きつねのおにぎり」
材料(おにぎり1個分)
いなり寿司用 味付け油揚げ 1枚
白いりごま 適量
ご飯 100g
作り方
1.味付け油揚げを1cm角に切る。
2.1とごまとご飯を混ぜて合わせ、おにぎりを握る。

小さい子どもの場合はいなり寿司だとごはんがこぼれてしまったり食べづらいのですが、きつねのおにぎりにすると食べやすいですよ♪

IMG_2089.jpg


●あんこが入っていない「きなこおにぎり」
材料(小さめのボール型おにぎり2個分)
きなこ 大さじ1/2
きび砂糖 小さじ1/2
ご飯 70g
作り方
1.ボールにきな粉ときび砂糖を混ぜ合わせる。
2.ご飯を小さめのボール型に握って、1に入れてコロコロと転がしながらまんべんなくまぶす。

あんこは入っていませんが、きなこに少し甘味をつけるだけでおはぎのような感覚で食べられますよ。少し手間をかけるなら、ご飯を少しすりつぶしてから握ると、和菓子っぽく仕上がります。

IMG_2086.jpg


●香ばしい「コーンの焼きおにぎり」
材料(おにぎり1個分)
コーン(缶詰) 大さじ1
醤油 小さじ1
ご飯 100g
バター 3g
作り方
1.コーン、醤油、熱々のごはんを混ぜ合わせ、おにぎりを握る。
2.フライパンにバターを熱し、おにぎりを両面に焼き色がつくまで焼く。

醤油とバターは少し焦げ付きやすいので、弱火でじっくり焼き付けることがポイントです。香ばしさが食欲をそそりますよ。

IMG_2091.jpg



毎日のおやつだから、できれば栄養あるものを与えたい、そして子どもが楽しみにしているおやつだから喜ぶものを食べさせたい、そんなママの想いが詰まったレシピです。参考にしてみてください。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事