ライフスタイル

クレジットカード付帯の海外旅行保険の落とし穴

Fotolia_111175022_Subscription_Monthly_M.jpg

ファイナンシャルプランナーの島添です。これから夏休みをとって海外旅行へお出かけになる方も多いと思います。今回は、「海外旅行保険」についてお話します。
みなさんは、海外旅行に行く際に、空港や旅行代理店で海外旅行保険に加入しますか?最近は、クレジットカードを持っている方の場合、そのクレジットカードに海外旅行保険が自動的に付帯しているからと、それのみで出掛けてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、そのクレジットカード付帯の海外旅行保険とその旅行のために別途加入する海外旅行保険の違いや補償内容について説明します。

海外旅行保険の補償内容
まず、海外旅行保険からみてみましょう。海外旅行保険は、旅行中にケガや病気をして治療費等を支払った時に補償されますが、具体的には、以下のようなものがあります。

・傷害死亡、後遺障害:事故やケガが原因で死亡したり、後遺障害になった場合の補償
・疾病死亡:病気が原因で死亡した場合の補償
・治療費用:ケガや病気で医師の治療を受けた時に保険金が支払われる補償
・救援費用:ケガや病気で死亡したり、入院した場合などに家族が現地に向かうための
移動交通費などの補償
・賠償責任:事故等により他人や物に損害を与え、被保険者が法律上の損害賠償責任を
負った場合の補償
・携行品損害:旅行中の盗難、破損、火災などの事故により、被保険者の携行品(カメ
ラ、衣類、旅券など)に損害が生じた場合に保険金が支払われる補償
・航空機寄託手荷物補償:航空機に預けた手荷物の到着が遅れた場合の補償

上記以外にも本来補償の対象から除外されている緊急歯科治療(急に歯の痛み等があった場合の応急措置にかかる費用の補償)、テロ対策費用、旅行事故緊急費用などの特約もあります。また、海外旅行保険では、現金の支払いなしに治療が受けられるキャッシュレスサービスや現地での言語対応をしてもらう24時間日本語サポートデスクなどもあります。

クレジットカード付帯の補償内容
クレジットカードに自動付帯している海外旅行保険については、カード会社やそのステータス(ゴールドカードなど)によっても補償の対象範囲や保険金額が異なるので注意が必要です。
例えば、ほとんどのカード会社で疾病死亡の補償がなく、携行品損害、航空機手荷物補償、緊急歯科治療などに関する補償は対象外となっています。また、補償の対象とはなっていても保険金額が少なくて補償しきれないケース もあるようです。それ以外にもキャッシュレスサービスや日本語サポートデスクなどのサービスもないケースが多いようです。
海外で病院にかかると、日本の医療制度である「健康保険」がきかないので治療費が相当高額になる可能性があります。例えば、アメリカで骨折して5日間入院して400万円以上請求された例もあるようです。
したがって、保険金額が少ないと全額補償されないという事態にもなりかねないので、海外旅行に出かける前に一度、クレジットカード会社に補償内容を確認した方がよいでしょう。


なお、損害保険(海外旅行保険)の場合には、生命保険と違い実際の損害額しか支払われないので、両方ともに重複して加入していても得することはありません。
それでも、クレジットカードの補償内容では、十分な補償がされなくて不安になる方は海外旅行保険に別途加入していくのもいいでしょう。または、クレジットカードの付帯補償額に追加補償する商品もありますので、扱っている保険会社を調べてみるのも一案です。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事