子育て

子どもが喜ぶ家遊び!手作り【お祭りごっこ】で盛り上がろう♪

Fotolia_159395948_Subscription_Monthly_M.jpg

折り返し地点は過ぎたものの、まだまだ続く夏休み。天気が悪くて外へ遊びに行けない日は(今日1日子ども達とどうやって過ごそう…)と悩んでしまいますよね。
そんな時におすすめしたいのが、家にあるもので出店を手作りする【お祭りごっこ】です。
家にあるものをフル活用!
先日、娘の思いつきで突然お祭りごっこが始まったのですが、初めから自宅にあったものでいくつかの出店を作ることができました。
缶やペットボトルをピンに見立ててボールを転がすボーリング、新聞紙で作った輪を棒代わりのペットボトルに向かって投げる輪投げ、実際のお祭りの景品で当たった吸盤ピストルやダーツなどもゲームの1つとして取り入れていました。
お祭りへ行く度に年々増えていくスーパーボールをビニールプールや大きめの洗面器に浮かべればスーパーボールすくいもできます。ポイは針金と半紙やキッチンペーパーがあれば作れますが、難易度はかなり落ちるもののポイの代わりにスプーンやお玉を使っても雰囲気は味わえますよ♪

お次はチケットの準備!
出店が用意できたら次はチケット作り。小さく切った紙に“スーパーボールすくい”“ボーリング”などと書き込むだけでOKです。
また“A賞”“B賞”といったゲームの景品引き換え用チケットもあると◎。輪投げやボーリングはいくつ入れば(倒せば)A賞、などルールをあらかじめ決めておきましょう。景品は家にあるお菓子などで十分です。

ホンモノ感を演出してみよう♪
小学生のお子さまであれば全ての出店やチケットを自分で作ることができますが、ママやパパの手があればさらに本物のお祭りに近づけることができます。
例えばお昼ご飯を焼きそばにして、100円ショップなどで購入できるパックに入れてあげると雰囲気が出ます。こちらもチケットで購入するシステムにすれば、昼食も特別なものへと早変わり!
他にも自宅用のかき氷機があればかき氷屋さんもできますし、チューペットなどのアイスも屋台の1品として活用することができます。


小学生の娘が発案者となり出店やチケットなどを作ってくれて、お客さん役と店員役を弟やお友達と交代で務めながらかなり盛り上がっていました。
自宅で気軽にお祭りごっこ、是非試してみてください!

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事