旅行&お出かけ

食べて!見て!遊んで!子どもが楽しめる旅、台湾!~お土産編~

DSC_3451.JPG

台湾おすすめスポット編に続き、今回は台湾オススメお土産編です。
楽しい旅行が終盤に近づいてくると気になってくるのが、お土産問題。幼稚園や学校のお友達にもお土産を、と考えると費用もかなりかかりますよね…。安くて現地のテイストがたっぷり詰まったお土産を準備したい時に、こんなお土産達はいかがでしょうか?


現地の味をおすそ分け、お菓子
DSC_3453.JPG

今も昔も、たくさんの人に配りたい時のお土産と言ったらやはりお菓子。日本では見かけないキッチュなイラストや現地の味が楽しめる、子どものお友達にあげるのにピッタリなのが、この“味王小王子麺”。日本でいうベビースターラーメンのようなお菓子で、封を開けて、そのままポリポリと食べられる現地でも大人気のスナック菓子です。それが20袋入りで47元(台湾元)だったので、1袋あたり約9円!!値段だけでなく味も気になるところですが、我が家では大人気で、配る前にかなりの量を食べられてしまうほどでした(笑)。
※1台湾元=3.63円(2017年8月現在)をもとに、算出しています。

実用的でノスタルジックな、文房具
DSC_3459.JPG

子どもがいると、いくら在庫があってもすぐに品薄になってしまうのが文房具。特に、女の子は、鉛筆とノートを渡しておくとお手紙やお絵描きなどであっという間になくなってしまうことってありますよね?なので、子どもがいる家族のお土産には、実用的な文房具がお勧め。三角形の鉛筆は36本入りで175元なので、1本あたり18円。レトロな表紙が可愛いノートは1冊5元(18円)。お札が束になっていて、大富豪気分が味わえるメモ帳は1冊10元(36円)。もはや、10元でも高額に思えてしまうほどのプチプラ雑貨に溢れている台湾は、お土産の宝庫で選ぶのが大変なほどです。

ママ友には、ちょっと差をつけて❤
DSC_3481.JPG

ここまでは、プチプラで現地のムードたっぷりなバラまき用お土産を紹介してきましたが、やはりそこは子ども向け用のお土産。いつも仲良くしているママ友や、お世話になってる方にはもうちょっと奮発したい所ですよね。そんな時には、この“カイリジュメイ”というリップはいかがでしょう?透明なリップの中に、お花と金箔が埋め込まれたとってもキュートな色付きリップです。日本でも通販や雑貨屋さんなどで1500円程度で購入できますが、そうは言っても台湾価格が断然お得!筆者が購入したお店では、1本200元のリップをまとめて10本購入すると1690元になるとのこと。日本では1500円くらいするリップがここですでに726円。しかも、まとめ買いで、インスタ映えばっちりのお土産を1本あたり169元(613円)と、さらにお安く購入できました。

お土産選びも、旅の一部として楽しみながら進めたいもの。きっと、その時間もいい思い出になってくれるはずです。自分が選んだお土産で、もらったお友達にも思い出のおすそ分けを!




人気記事ランキング

最近の記事