子育て

ま~た始まった…きょうだい喧嘩、親はどこまで介入する?

Fotolia_45853467_Subscription_Monthly_M.jpg

ささいなことをきっかけに毎日繰り広げられる子ども達のきょうだい喧嘩。金切り声や取っ組み合い、言いつけ合戦に頭を悩ませているママさんも多いはず。
そんなきょうだい喧嘩、皆さんはどう対処していますか?ママさん達の意見をまとめてみました。
“基本的には見守る派”が多い!
やはり喧嘩もコミュニケーションの1つ。そこから学ぶことも多いので無理に止めたりはしないというのが大多数。「見てないふり、聞いてないふりに徹する」。「お互い変わるがわる言いつけにくることが多いけど、“2人で解決してみて”と一旦は突き放します」。
他には「子ども達とは別の部屋に行って、遠くに喧嘩の声を聞きながらひたすら無になる」という意見も!

どのタイミングで介入する?
けれど放っておいたままではどんどんエスカレートするのがきょうだい喧嘩。どの状態に突入したら親の出番?
「どちらかが手を出したら」または「大声をあげたり叫んだり、近所迷惑になるようなことをしたら」など、相手に危害を加えるor周囲に迷惑をかける状態になったら仲裁に入るといった回答がほとんどでした。

介入するうえで気を付けていること
「例えば突然一方的に叩いてきたなど、明らかに理不尽な喧嘩理由でなければ“どちらが悪い!”といった判定は下さないようにしています。あと、良くない部分を指摘するときには上の子にも下の子にも同じ数だけ、と決めています」。「お互いカッとなって本当に言いたいことをうまく相手に伝えられていないことが多いので、喧嘩を解決するというよりは代弁者的な役割でいるようにしています」。
また「上の子ばかり叱らないようにする」という意見も。その多くが「自分自身が長女でいつもなぜか自分ばかり怒られたり我慢を強いられたりして嫌だった」という経験からくるものでした。


かくいう筆者も小学生時代は弟との喧嘩が日常茶飯事。父親に「どうすれば弟とこんなに喧嘩をしないで過ごせますか?」という悩み相談の手紙を書いたことを今でも覚えています(笑)。それでも筆者が高校にあがった頃に不思議と喧嘩はピタっと収まり、激しかった戦いの日々も今では楽しい思い出話へと変わりました。
本能のままにきょうだいでぶつかり合うのもほんの数年のこと。こうして絆を深めていくんだなぁと割り切って、お子さま達の成長を見守ってあげてください。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事