ファッション

あげるももらうも気を使う…子どものお下がり服が迷惑にならないためには?

Fotolia_139074161_Subscription_Monthly_M.jpg

我が子が着れなくなって渡したお下がりだけど、未だに渡した服を着てる姿を見たことないな…という経験ありませんか?または「いらない」と断れなくてもらったはいいけど着せたくない…というもらう側のお悩みも。お下がりってぶっちゃけどうなの?!ということで、筆者のママ友数名にお下がりにまつわるホンネを聞いてみました。
プチプラブランドのものは要注意
お下がり服をもらうことについて聞いてみると「(お下がりを)もらうくらいなら、安いものでも新品を買いたい」という声が。

今は、100円均一やしまむら、西松屋などプチプラな子供用品を購入できるお店が増え、近くにお店が無い場合でも、ネットで欲しいものを簡単に手に入れられるようになりました。
一昔とは違って、買い換えが手軽になり、お下がり品が必ずしも喜ばれる時代ではないのかもしれません。

いくらきれいな状態とはいえ、プチプラブランドのものをお渡しするのは、嫌がる人もいるので、一度確認してからの方がよさそうです。

好みでないものはもらっても困る
これは筆者の実体験ですが、下の娘が生まれた時に、上が男の子だったので数名のママ友から女の子用のお洋服を大量にもらいました。

「いる?」と事前に聞かれることもありましたが、突然に頂くこともあり、中には好みとはかけ離れた、どうしても着せたくないな…と思う柄のものまで。気にかけてくださることはありがたいのですが、正直なところ、古着がたくさん増えて処分に大変苦労した経験があります。

あげる前に、相手のママや子どもが普段着ている洋服のテイストや、好みを会話の中から汲み取って必要かどうかを確認してあげることも思いやりではないでしょうか。

セレモニー品は比較的嬉しいという意見も
では逆に、お下がりでも欲しいと思うものを聞いてみると、お宮参りのベビードレスや、七五三の衣裳など「セレモニーで使うものは使用頻度も低く、購入するのは勿体ないので欲しい」という意見がありました。

しかし、セレモニー品は思い出の深い品でもあるので、お下がりとしてもらえるのは難しい場合も。ただし、数回しか使わずにしまっておくなら有効的に着てもらいたいと、積極的に貸出をしているというママの意見もあり、貸出の方向で聞いてみる余地はあるかもしれません。

お下がりは、基本的には不要になったものを相手にもらってもらうこと。押し付けがましくならないように、本当に必要としているか?など、相手の立場に立った判断をしてあげられるといいですね。
PHOTO/Fotolia



LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事