食&レシピ

1日に1,000個完売!行列のできるコッペパン専門店の人気メニューは?

1_1.jpg

最近、コッペパン専門店が急増して、“コッペパンブーム”が巻き起こっているのをご存知ですか?そんななか、岩手県・盛岡の味が楽しめるコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」の2号店が、9月9日、東京・狛江にオープンしました。
この「(食)盛岡製パン」は、1日に1,000個のコッペパンサンドを完売するという行列必至のコッペパン専門店。甘いデザート系からガッツリ惣菜系まで、バラエティ豊かな全25のラインナップのなかから注目メニューを紹介します!
定番「北海道産あんと削りバター」は期待以上!
削りバター.jpg

コッペパンサンドと聞いてまず思い浮かぶメニューのひとつ「あんバター」が堂々の売上第1位。なんと注文のたびに、専用の削り器で冷やしたバターを削りおろして提供してくれるので、ふんわり触感が楽しめます。この「削りバター」は+80円でオプションとして追加もできるので、バターと合いそうなメニューにプラスするのもおすすめ。何を買うか迷ったら、この「北海道産あんと削りバター」(¥210【税抜き】)を選ぶのが確実です。

食事系は売上№2「前沢牛コロッケ」と№3「盛岡じゃじゃ麺」が狙い目!
前沢牛コロッケ.png

じゃじゃ麺.png

食事としてコッペパンサンドを楽しみたいときにおすすめなのが、売上№2の「前沢牛コロッケ」(¥460【税抜き】)と№3の「盛岡じゃじゃ麺」(¥360【税抜き】)です。
前沢牛コロッケは、岩手特産の「前沢牛」を使ったコロッケが贅沢に丸ごと1個入り。濃厚なテリヤキソースがかかっていて、ランチにもぴったりの1品。
盛岡じゃじゃ麺は、岩手県産のモチモチっとした食感の「じゃじゃ麺」を特製の豚味噌に絡めてアレンジした他ではあまり見ない独創的なサンド。
この2つなら腹持ち十分でパパにも喜ばれそうですね。

狛江店限定「お子様ランチ」は外せない!
IMG_0399.JPG
タコさんウインナーやミートボールなどお子様ランチの定番具材を盛り込んだ「お子様ランチ」(¥460【税抜き】)は、狛江店限定。まさに子どもが喜びそうな中身なので、子どもに買ってあげたいですね。
その他、岩手県特産のスーパーフルーツ「さるなし」(ベビーキウイ)のジャムとクリームチーズを合わせた「岩手県産さるなしジャム&クリームチーズ」(¥280【税抜き】)や、糖度15度以上の甘みをもつ「南部一郎かぼちゃ」を使ったメニューなど新作サンドも仲間入り。

肝心のコッペパンは、岩手県産小麦「ゆきちから」を配合した大きめでふっくらした感触が特徴。パンは店内で焼き上げ、オーダー後にフィリングを挟むので、作りたてを食べることができます。これからの秋の行楽シーズンに、コッペパンを買ってお出かけしませんか?





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事