子育て

親として子どもにマンガを読ませるのはOKですか!?

マンガ記事.JPG

人は、子どもを持ち親になると、いつの間にやら「我が子にはマンガを読ませたくない」と思う傾向があるようです。それは、歴代の親たちから子へ伝承された「マンガ=頭が悪くなる」「なんとなくオタクっぽい」という負のイメージが払拭できないからではと筆者は考えています。そこで、無類のマンガ好きを自負する筆者が「我が子にマンガを読ませる魅力」をお伝えしたいと思います。


語彙の増加と人の心の機微が分かるように
我が家では、積極的に子どもにマンガを読ませています。大きな理由は、日本のマンガの水準が相当に高いからということです。例えば、近年の少年マンガを見てみてください。ストーリーは複雑、様々な登場人物の人間模様や価値観の多様さは、原案者と作画者が分かれている作品が多くなったことでも感じられます。一方、あくまでも子どもをターゲットにしているため、ほとんどの漢字にふりがながふってあります。我が家の息子は、マンガを読むようになって明らかに語彙が増えました。また、マンガの魅力である人の表情の豊かさや気持ちの変化を「絵」という形で可視化できることにより、心の機微が分かるようになった気がします。

やるべきことをやればいくらマンガを読んでもよい!というルール
マンガを読ませたくない派の親たちの意見を聞いてみたところ、最も多かったのが「マンガを読みはじめると、そればかりになり、勉強しなくなる=頭が悪くなる」という声でした。確かに、マンガは続きが気になり、次々と読んでしまう傾向があります。我が家では、「やるべきことをやる!そうすればいくらマンガを読んでも良し!」と決めています。無類のマンガ好きである筆者自身がその鉄則を破らないことで、子どもたちもそれぞれに優先順位を決めて行動し、むしろ集中して勉強を終わらせられるようになりました。

マンガという共通の趣味で親子関係が円満に
最近は、マンガ原作の実写化が著しい時代でもあります。そのため、我が家では、休日に観に行くのは、マンガ実写化映画だったりします。原作との比較や好きなキャラクターについても対等に話せるため、楽しさは倍増。マンガの名言を日常会話に取り入れるなどマンガを通して親子関係も円満さが増します。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」とは、マンガ『スラムダンク』における名言としてあまりにも有名ですが、そんな生きていく上で力をわけてもらえるようなマンガに子どもたちが出会えるとよいなと思っています。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。