トレンド

おいしそう、かわいい、おもしろい!三拍子そろった絵本3選

IMG_3372.JPG

食欲の秋、到来!子どもにも、「食べること」「食べもの」に興味を持ってもらいたい季節です。そこで、ただ食べものが描かれているだけではなく、「おいしそう、かわいい、おもしろい!」の三拍子がそろった絵本を3冊セレクトしてみました。


「おばけのてんぷら」作・絵 せな けいこ
IMG_3373.JPG

1976年に出版されたベストセラー。「ねないこ だれだ」などでもチャーミングなおばけを描いている、せなけいこさんの名作です。今見ても、温かみのある貼り絵も、ウィットに富んだ物語も、とってもキュートで面白いので、親子で楽しむことができるはず。めがねをかけたうさぎがてんぷらを揚げていると、おいしそうな匂いにつられておばけがやってきて……思いもよらない展開になっていきます。
我が家で、この絵本から派生したのが「てんぷら遊び」。うさぎが野菜に衣をつけててんぷらにし、揚げたてをパクリ!とする場面が出てくるのですが、子どもを布団にゴロゴロさせて衣をつけ、抱っこして鍋に入れるマネをし、最後はパクリ!と言わんばかりにコチョコチョ~!そんなことをしているうちに、本当に揚げたてのてんぷらが食べたくなってしまう1冊です。

「チェリーひめのかくれんぼ」作・絵 かとうようこ
IMG_3374.JPG

さくらんぼ王国のチェリーひめがお城を抜け出し、お世話係のビスケッツに追いかけられながら、あちこちでかくれんぼをする冒険ストーリー。絵や物語を楽しめるだけではなく、様々なスウィーツの中にかくれたチェリーひめを見付ける、絵探しの本にもなっています。特に、「おひめさま」をはじめとした、かわいいものに興味が出てくるお年頃の女の子にぴったりの1冊です。
また、この絵本に出てくるスウィーツは、色鮮やかで本当においしそう!パフェ、パンケーキ、クレープ、さらにスウィーツではありませんがお寿司まで。絵本を見ながらつまみ食いをするマネをしていると、寝かしつけ中でもお腹が空いてきます。

「おすしのずかん」作 大森裕子 監修 藤原昌高(ぼうずコンニャク)
IMG_3371.JPG

ぺんぎんたちがお魚を捕まえ、さばき、握り、動物たちにお寿司を出すところまでやってしまう「ぺんぎんずし」。この絵本は、その「ぺんぎんずし」を舞台に、お寿司が「あかいおすし」「しろいおすし」「ひかるおすし」「ながいおすし」などに分類され、お寿司の状態と魚の状態で描かれている、まさしく「図鑑」です。魚には、簡単な説明(かつおなら「かつおぶしにもつかわれる」など)も書かれています。そして、読み進めて行くと、「そのほかのおすし」で「はんばーぐ(ぶた)」のお寿司が紹介され、ぶたが海で泳いでいたり、「のりでまいたおすし」で、ぺんぎんが巻き寿司になっていたりと、面白おかしい展開も!
コンパクトなサイズ感ながら、図鑑としてとても優秀。そして、お寿司の描写がとても繊細なので、お腹が空いてしまうこと間違いなしです。子どもと「どれ食べる?」なんて言い合いながら、回転寿司気分でつまむマネをしても楽しいですよ。

いかがでしたか?「食べること」は身近なエンタテインメント。絵本を通して、その大切さ、楽しさが伝えられるといいですよね!




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。