ライフスタイル

挫折しがちな小銭貯金、長く続けてるママにその秘訣を聞いてみた

Fotolia_174153770_Subscription_Monthly_M.jpg

誰でも手軽に始めることができる小銭貯金。しかし続けられずにそのまま放置してしまったり途中で中の小銭を取り出し使ってしまったりと、達成感を味わえるほどまで貯金できずにフェードアウトしてしまう人も多いのでは?
というわけで独身の頃から小銭貯金を続けているママさんに、挫折せず最後まで貯めることができる方法をレクチャーしてもらいました!
張り切らないことが大事!
Aさんは15年ほど前から小銭貯金をしていて、結婚してからも変わらず続けているそう。そんなAさん曰く1番大切なのは“張り切らないこと”なんだとか。
「初めから目標額を高めに設定してしまうと道のりが遠くて挫折してしまいます。現に私も初めて小銭貯金を試みた時は売っていたなかで1番大きな貯金箱を買ったものの、全く終わりが見えず…。すぐに諦めてしまいました」。

貯金箱にお金をかけていたら元も子もないので、100円ショップのもので十分!初心者さんには小さめで、中身が見えるタイプの貯金箱がおすすめです。まずは金額ではなく“容器いっぱいに貯める”という達成感を味わうと貯金の楽しさを知ることができるようです。

貯めることの楽しさを知ったらもうこっちのもの!
「最初は容器をいっぱいにすることに重きを置いていたので家に帰ってきたら小銭は全て貯金箱へ入れるという方法を実践していたけど、前回よりも結果が大きな金額だと嬉しくて、途中からは同じ大きさの貯金箱でもより大きな金額を貯めることのできる500円玉貯金に変えました。使ってしまうのが怖くて容器も開けられないものを選んでいた私が、今ではお菓子の缶に入れていくだけ。ただ誰でも開けられる状態なので、小5の息子にバレないよう細心の注意を払っています(笑)」。

貯めたお金はパーッと使う!
毎回貯まったお金は貯蓄に回さず、パーッと使うのがAさん流。「初めの頃は達成金額が5万~15万円ほどだったので、アクセサリーやバッグなど、少し奮発した物の購入に充てていました。前回は無理なく続けて2年ほどで50万円弱貯まり、家族で海外旅行へ。今やっているのはすでに4年くらい経過しています。何に使おうかと今から楽しみです」。


初めから大きな目標を設定せず、まずは小銭貯金を習慣化するところから始めるといいのですね。
挫折の連続だった筆者も、これを機に再び始めようと思います!

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事