旅行&お出かけ

大人も楽しい!レトロかわいい乗り物いっぱいの「としまえん」

IMG_3412.JPG

子どもが大好きな遊園地。せっかくなら、大人も一緒に楽しめるところに行きたいですよね!東京都練馬区にある老舗の遊園地・としまえんは、レトロで可愛い遊具のパラダイス。子どもが喜ぶだけではなく、そのデザインに大人も心を掴まれること間違いなし!身長が110cmに満たない幼児が乗れるものも多いので、遊園地デビューにもぴったりですよ。


眺めているだけでも楽しいデザインの宝庫!
IMG_3388.JPG
IMG_3391 (2).JPG
これに乗るためだけにでも行ってほしい!と思う乗り物が、「カルーセル・エルドラド」。1907年にドイツで作られ、その後ヨーロッパからアメリカへと渡り、1971年にとしまえんにやってきた回転木馬です。今年で生誕110周年を迎えましたが、今もなお現役。乗ってみると、幼児がワクワクできて怖がらないくらいの、ちょうどいいスピード感があります。最大の魅力はそのデザインで、アール・ヌーボー様式の豪華な手彫り彫刻がほどこされており、美術品さながらの贅沢さにうっとり。写真上は、「カルーセル・エルドラド」の天井ですが、眺めているだけでヨーロッパにトリップした気分になれますよ。
さらに、グッとくるデザインの乗り物は、これだけではありません。アメリカの開拓時代に走っていた機関車を忠実に再現した「模型列車」、クラシックなオープンカーのハンドルを握れる「アンチックカー」、世界の名車から消防車まで35種類の車を選んで乗れる「カーメリーゴーランド」あたりは、大人から見てもレトロ感とミニチュア感がたまらない乗り物。写真下は、「カーメリーゴーランド」で3歳娘がハンドルを握っているところです。どれも大人が付き添えば、身長110cm未満でも乗れるものばかりなので、乳幼児でも楽しめますよ。

本格的な電車の乗り物も新登場!
IMG_3414.JPG

また、9月30日には、新たな乗り物「チャレンジトレイン」が登場したとのこと。西武鉄道の車両を模した本格的なミニ電車で、マスター・コントローラーやブレーキハンドルを操作して運転することができるのだそう。新型車両40000系、30000系、20000系、2000系をデフォルメした4種類の車両デザインとのことで、何とも本格的な予感がします。筆者が行ったのは9月半ばだったので、残念ながら未体験なのですが……子鉄やママ鉄、パパ鉄にはたまらない乗り物であることは間違いないですよね!

ちなみにとしまえんには、「コークスクリュー」など、スリルを味わえる乗り物もあります。あらゆるニーズに応えてくれる、ちょうどいい規模感の遊園地なので、おすすめです。



人気記事ランキング

最近の記事