トレンド

ハロウィン・パーティーにも使える歌3選

Fotolia_170667978_Subscription_Monthly_M.jpg

もうすぐハロウィン!パーティーを企画しているママもいるでしょう。でも、ふと気づいてみると、子ども向けのハロウィン・ソングって、あまり思い当りませんよね?海外の歌ならありますが、英語で歌いにくいし……そこで、「これはハロウィンにも合いそう!」と思った歌を3曲セレクトしてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね!
「モンスタップ」
Eテレ「おかあさんといっしょ」のだいすけおにいさん、たくみおねえさん時代の歌。2012年1月の歌で、歌詞にも《ふゆ》とあるのですが、出てくるモンスターのラインナップはハロウィンにぴったりです。ヴァンパイヤ、おおかみおとこ、フランケンシュタイン……とはいえ、曲調はダークというよりはポップなのでご安心を。曲名にあるようにタップダンスを踊りたくなるような小気味いいビート感が、歌を引き立てています。ちなみに歌詞でヴァンパイヤは、血ではなくトマトジュースで乾杯しているので、パーティーで真似してみてもいいですよね!

「黒ネコダンス」
こちらは「おかあさんといっしょ」で長く歌い継がれている歌。今のうたのおねえさん、あつこおねえさんのヴァージョンで放送されたこともあったので、記憶に新しい人もいるでしょう。おねえさんの「にゃーお」という猫の鳴き真似も挟み込まれている歌です。ハロウィンのことが歌われているわけではないのですが、ハロウィンのモチーフに使われることが多い黒猫が主役の歌なので、雰囲気作りにはぴったりだと思います。曲調としては、かわいさの中にもちょっとあやしさがあるので、子どもによってはドキドキしてしまうかも!?でも、曲名の通り、子どもから大人まで踊れるナンバーです!

「シンデレラのスープ」
こちらも「おかあさんといっしょ」でおさむおにいさん、ゆう子おねえさん時代から歌われている歌。ハロウィンのことが歌われているわけではないのですが、ハロウィンにシンデレラの仮装をしたいと思っている女の子もいるのではないでしょうか?しかも、歌詞に出てくるのはカボチャのスープ。軽やかでロマンティックで、すぐに口ずさめるキャッチーな曲調も手伝って、ハロウィンをきらきらと彩ってくれるはずです。パーティーのメニューにカボチャのスープを取り入れれば、さらに盛り上がれるかもしれませんね!

いかがでしたか?どれも、ワクワクさせてくれる歌ばかり。ぜひ歌も活用して、親子で、家族で、友達同士で、ハロウィンを楽しんでくださいね!

PHOTO/Fotolia





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事