ライフスタイル

マイナスイメージ持ってない?食洗機、使ってみると想像と違いました!

Fotolia_73032145_Subscription_Monthly_M (1).jpg

突然ですが、皆さんは食洗機を使っていますか?我が家では引っ越しを機に2年ほど前からパナソニックのビルトインタイプを愛用していますが、使い始める前まではあまり良いイメージがなく、正直必要ないと思っていました。
そこで今回は筆者が食洗機に対して抱いていたマイナスイメージと、それらが使用してみて実際どうだったのかをまとめてみました!
①水道代も電気代も高そう!
1番のネックは水道光熱費のこと!筆者の中では“食洗機=お金と引き換えにラクをするもの”という先入観があり、水道&電気料金がかさむのでは?と思っていました。
しかし、いざ使ってみて初めての水道光熱費の請求を見てびっくり。手洗いをしていた時より水道代が断然安かったんです。月々の電気代も、食洗機導入前と導入後で目に見える差はありませんでした。
一概には言えませんが、4人家族の我が家の場合は食洗機を取り入れることが水道光熱費の節約へと繋がりました。

②汚れがきちんと落ちるのか、いまいち信用できない!
次に気になっていたのは“汚れ落ち”のこと。機械の力でどの程度きれいになるのかも怪しいし、しつこい汚れは予洗いをしなければならないのならそのまま自分で洗ってしまった方が効率的にもいいような…。

初めは半信半疑だったので入念に予洗いを行っていましたが、ママ友のお宅へ遊びに行った際、「時間が経って乾燥してなければカレーを食べたお皿やベトベト系の汚れもそのまま入れちゃって大丈夫だよ~」と教えてもらいました。それ以来料理の残りカスだけは取り除くものの、あまり神経質にならず食洗機の中へイン。
こびりついた米粒や焦げ付きなどは取れないこともありますが、油ものもすっきりするし大抵の汚れはきれいに落ちます。

③音、うるさいんでしょ?
音に関しては、わりと新しめの機種だからということもあると思いますが普通に過ごしている分には全くといっていいほど気にならず、掃除機と違ってTVを観ている子ども達から「うるさくて聞こえない!」というような苦情も出たことがありません。
ただ唯一ドラマなどでボソボソと会話をしているシーンは聞こえづらいこともありますが、それも許容範囲内です。


小学生と幼稚園児のいる我が家では子ども達が帰宅するとお弁当箱や水筒、コップ、お箸にスプーンと怒涛の洗い物ラッシュ!食洗機の存在にはかなり助けられていて、なくてはならないアイテムと化しています。
もちろん生活スタイルや家族の人数などによってもその必要性は変わってくると思うので、検討中の方は自分の暮らしと照らし合わせて考えてみてくださいね。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事