トレンド

11月5日(日)まで!「ぼくとわたしとみんなのtupera tupera 絵本の世界展」@横須賀美術館

unnamed.jpg

先日、子どもと一緒に神奈川県・横須賀美術館で開催中の「ぼくとわたしとみんなのtupera tupera 絵本の世界展」を観に行ってきました!今回は展覧会レポートをお届けします。
ツペラ ツペラって?
tupera tupera(ツペラ ツペラ)は、今年で結成15年目の亀山達矢さんと中川敦子さんのお二人によるクリエイティブユニットです。これまでの代表的な作品には、目や鼻などの顔パーツのシールをぺたぺた貼って遊ぶ『かおノート』や、絵本『しろくまのパンツ』、『パンダ銭湯』などがあり、ちょっとクスッと笑ってしてしまうような、ユニークで楽しい絵本を沢山手掛けています。他にもEテレの人気番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションや、舞台美術、空間演出などでも大活躍している方々なんですよ。

アートワーク約300点を一堂に展示
本展は、tupera tueraが手掛けた、絵本に関する原画や装丁、そして結成初期の頃に制作していた布雑貨や木製の立体作品など、約300点が展示されています。どれも子どものハートをわしづかみにするような可愛らしさがたっぷりの作品で、筆者が鑑賞した休日には、ベビーカーに乗った赤ちゃんや、未就学の子どもたちも多くいましたが、どの子も飽きずに、みんな楽しそうに作品を眺めていました。

こだわりが詰まった原画
tupera tuperaが手掛ける多くの絵本は、紙を切って貼る「貼り絵」という手法で制作されています。原画をじっくりと眺めると細部にまでこだわりや工夫が詰まっていることがわかり、自宅でtupera tuperaの絵本を子どもに読み聞かせている際には気付かなかった面白みを改めて感じることができます。原画展示の近くに絵本が置かれているので、見比べながら鑑賞してみるのも面白いと思いますよ。

パンダ銭湯に浸かって記念写真
本展は基本的に作品の写真撮影はNGですが、『パンダ銭湯』のアートワークを展示するコーナーに関しては撮影OKです。湯船や洗い場、脱衣コーナーなどのダミーが作られていて、手ぬぐいを頭に乗せて湯船に浸かっている風の記念写真を撮ることができます。展覧会の素敵な思い出の一枚になりますよ♪


本展は、11月5日(月)までの開催です。都内からだと少し足を延ばす必要がありますが、それだけの価値がある展覧会です!横須賀美術館の徒歩圏内には、大型アスレッチックのある観音崎公園や、磯遊び、釣り、バーベキューなどが楽しめるスポットもあって、丸一日楽しめます。ぜひ家族のお出かけにいかがでしょうか。

「ぼくとわたしとみんなのtupera tupera 絵本の世界展」
会期:9月9日(土)〜11月5日(日)
会場:横須賀美術館

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事