食&レシピ

5日間限定!サダハル・アオキからハロウィン仕様のケーキが登場

デギュスタシオン ハロウィン(カラー背景).jpg

世界で活躍するパティシエ、サダハル・アオキ氏が手がけるパティスリー・サダハル・アオキ・パリから10月27日〜31日の5日間限定で6種類のプティフールをキュートな丸箱に詰めたハロウィン限定BOX「デギュスタシオン ハロウィン」(¥2,000【税込み】)が販売されます。
プティフールというのはひと口サイズの小さなお菓子のこと。見た目もカラフルで、いろいろな味が楽しめるのって、うれしいですよね。最初に言っておきます。食べたいと思った方、今回はたったの5日間しか買えない、とってもレアな限定品なので、カレンダーや手帳に書いておいて、忘れないようにしてくださいね!
全部食べてみたい!人気の6種がハロウィン仕様に
デギュスタシオン ハロウィン(白背景).jpg

商品名に入っている“デギュスタシオン”というのは、”テイスティング”を意味する言葉。なので、「デギュスタシオン ハロウィン」はその名の通り、いろいろなケーキをひと口ずつ食べられる、ハロウィン限定 BOX ということです。しかもサダハル・アオキの人気のケーキ6種類をプティフールに仕上げてハロウィン仕様にしたとあって、欲を言えば1人ですべて食べてしまいたいくらい、どれも絶品なんです。

どれがどんな味?詳しくチェック!
①真ん中のジャック・オ・ランタンが目を引くオレンジ色のケーキは、「ヴァランシア」。ビビッドなオレンジ色が印象的で、ふんわりと軽めのオレンジクリームに、濃厚なビスキュイショコラを合わせたもの。アーモンドが香ばしいビスキュイダコワーズ(アーモンドとメレンゲを使った生地)と、サクッとした口当たりのフィヨンティーヌプラリネ(薄く焼いたクレープを細かくし、ローストしたヘーゼルナッツと合わせてキャラメリゼしたもの)が心地よい食感です。

②左上のコウモリのチョコレートがのっているのは「カシスィエ」。酸味の効いたカシスクリームと重厚感あるビスキュイショコラが、口の中で見事なハーモニーを奏でます。クリームの中にはカシスが散りばめられていて、甘酸っぱい味わいが爽やか。

③一番上の緑色のケーキは「バンブー」。フランスの伝統菓子「オペラ」を抹茶でアレンジしたアオキ氏のスペシャリテ、いわば看板メニュー。抹茶のバタークリームと濃厚なガナッシュを組み合わせ、竹をイメージしたビジュアルは、パリでも大人気。何層も重ねられた生地がしっとりとくちどけして、優雅に香るキルシュ(サクランボを原料とした洋酒)にうっとり。

④右上のいちごがのったケーキは「サヤ」。ホワイトチョコレートで仕立てたイチゴのクリームと、香り高いピスタチオのクリームを使い、見た目のビビッドな色合いとは裏腹に、優しくまろやかな味わいです。柔らかい甘味のクリームは口の中でとろけ、土台のヘーゼルナッツサブレのサクっとした食感がアクセントになっています。

⑤右下のケーキは「マロン フリュイ ルージュ」。ラム酒で香りづけをした濃厚なマロンクリームと、真っ白なクリームのコクが重なり合う大人味。さらにフランボワーズやカシスなど、酸味のある赤いフルーツを加えた“アオキ流モンブラン”になっています。

⑥左下のマカロンがのったケーキは「ショコラ プララン」。オレンジ風味のビスキュイに、ミルクチョコレートのクリームが見事にマッチした、アオキの定番ショコラケーキです。濃厚なプラリネクリームと、ヘーゼルナッツの香り豊かな フィヨンティーヌ(薄く焼いたクレープを細かく砕いたもの)のサクサクの食感が、五感を刺激。ショコラの甘さの中に、上品なヘーゼルナッツの香りが口の中いっぱいに広がります。


小さくていろいろな味が楽しめるので、ママ会向きという気がします。ひと口サイズとなっていますが、ひと口で食べてしまうのはもったいないので、友達と分け合って食べたいですね。月末のママ会にぜひ!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事