子育て

乳幼児は無料の新幹線。いつから、親子一席ではキツくなる!?

Fotolia_103492435_Subscription_Monthly_M.jpg

子連れで新幹線を利用する場合、指定席でも乳幼児なら膝に乗せれば、基本的に一席分=大人一人分の運賃しかかかりません。しかし、いろいろな意味で二席が必要だ……と思う時期がやってきます。筆者の経験を交えながら、ラクチン&リーズナブルな子連れの新幹線の利用について考えてみました!
基本的に乳幼児は無料、利用するなら2パターン
JRの運賃は、12歳以上(中学生以上)は大人運賃、小児(6歳~12歳の小学生)は大人運賃の半額、そして1歳未満の乳児と、1歳~6歳までの未就学児は無料です。しかし「料金を支払って乗車する旅客一人につき無料となる幼児と乳児は二人まで」という条件はあります。
ここからは「ママ(パパや祖父母なども同様ですね)一人と幼児or乳児一人」で新幹線を利用するパターンについて書いていきましょう。まず、上記のように無料ではあるのですが、基本的に利用の仕方は2パターンです。まず指定席で、ママが子どもを膝に乗せるなどして一席しか使わない場合は、「大人乗車券」+「大人の指定席特急券」しかかからず、実質的に子どもは無料。そして、自由席を使う場合は、席さえ空いていれば子どもが一人で一席を利用しても問題ないので、「大人乗車券」+「大人の自由席特急券」しかかからず、子どもは無料です。
ですから、自由席が一番ラクチン&リーズナブルではあるのですが、これからやってくる帰省シーズン、あるいはお盆やゴールデンウィークなどは新幹線が混雑するので、子連れだと指定席を確保していないと不安ですよね。とは言え幼児でも、ママの膝の上に座らせるには限界を迎える時期がきます。体格が大きい子、やんちゃでよく動く子……筆者の子どもはこの夏に3歳を迎えたのですが、とうとうその時期がやってきたようです。

3歳2ヶ月で親子一席は限界に!
そう実感したのは、3歳2ヶ月の子どもと一緒に新幹線を利用した時のこと。それまでは指定席を一席確保し、子どもは筆者の膝に乗せるというスタイルでした。2歳9ヶ月までは、どうにか大丈夫だったのですが……3歳2ヶ月ともなると、膝に乗せて1時間以上もじっとしていてはくれません。カバンの中からあのおもちゃを取って!おかしが食べたい!お茶が飲みたい!など、次々とリクエストが飛んできます。体格的には96センチ・13キロで、同じくらいの年齢の子に比べて重くはないのですが、背がやや高めなので、抱っこしているとカバンから何かを取ろうとすることも、狭いスペースでは一苦労。お財布は痛いですが、年末の帰省で新幹線を利用する時には、「小児乗車券」+「小児の指定席特急券」も購入して二席を確保しよう、と決意しました。
また、指定席を二席取るようになったのはいつからだった?とママ友に訊くと「基本的には混まない時期に自由席を利用するようにしているが、指定席なら二席取るようになったのは4歳くらいから」(5歳の男の子のママ)、「赤ちゃんの頃から。大き目だったし、長距離移動はゆったりしたいので」(3歳の女の子のママ)など、様々でした。

いかがしたか?まだ小児の年齢ではないのに小児運賃を払うのは、なんだか悔しい気もしますが(笑)、ママも子どもも快適な新幹線の旅にするために、工夫していきたいですね!

PHOTO/Fotolia





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事