ライフスタイル

ママの性格やキッチンの種類で変わる!? タイプ別「レジ袋」収納5パターン

00_7179.jpg
あなたの家も「レジ袋」を、とりあえず保管していませんか? その“とりあえず”を重ねて、必要以上の量をストックしていませんか? ちょうどよいサイズの「レジ袋」を探すために、ガサガサと漁っていませんか? そんなよくある悩みを、整理収納アドバイザーの資格を持つ筆者が解決します。

はじめに、お片付けに悩むご自宅に伺うと、必ずや「袋類」の収納法を聞かれます。しかし、これといった正解はありません。その家のキッチンの広さやタイプ(引き出し、観音扉)によって違うからです。また、使う人の作業動線によって置く場所を考える必要があります。ほかにも、工作を楽しめる方、市販品で済ませたい方など好みや性格によっても変わります。そんな理由から、5タイプに分けた「レジ袋」収納をご紹介します。

①放り込むだけの、収納ボックス
01_7180.jpg

レジ袋を丸めて放り込みたいタイプなら、ファイルボックスや深めの収納ケースがおすすめ。カラーボックスや引き出しなど、視線に入らない場所ならストレスに感じません。ただし、収納スペースを多く取りがちなので、キッチンスペースに余裕がある方向けです。

②冷蔵庫や壁などへ、ケースに入れて吊るす
02_7181.jpg

壁や、冷蔵庫などに吊るす収納は、ワンアクションタイプにおすすめ。引き出しや扉を開けるのさえ面倒に感じるなど、使いやすさを優先にするタイプ向けです。市販のレジ袋ストッカーや布バッグ、ファスナーケースやポーチなど袋状のケースを選びましょう。

③レジ袋の折りたたみ作業が好き
03_7176.jpg

割りと多い「たたむ作業が好き」というタイプ。かさばりやすい「レジ袋」は、折りたたむとコンパクトになるので、引き出しや仕切りケースなどに収めましょう。スペースの無駄使いもなく、置く場所を選ばない超コンパクト収納法です。

④キッチンのシンク下(観音扉)に吊るす
04_7183.jpg

キッチンのシンク下が、観音扉タイプの方へおすすめ。扉の内側に、粘着フック、角型エスカン、突っ張り棒、タオルハンガーなどを設置して吊るします。視界から見えない収納なので、紙袋を画鋲で止めるだけでも大丈夫。写真は、セリアのレジ袋ストッカー。

⑤抽選箱のように、穴の空いた箱に詰め込む。
05_7386.jpg

ダイソーのティッシュボックスケースのように、穴の空いた箱に詰め込むタイプ。空気を抜きながら押し込むので、収納力も高め。工作が得意なら、蓋の付いた靴箱やビール箱なども良いでしょう。レジ袋をたくさん放り込みたいけれど、丸見えなのは気になるという方におすすめです。

レジ袋収納には、ひとつだけルールがあります。それは『ストック数を決めること』です。箱(ストック数)から溢れたら処分と決めれば、増え続けることを阻止できます。また、大きなサイズの「レジ袋」以外は、処分しても大丈夫じゃないでしょうか? 100均のビニール袋なら、120枚も入っていてコンパクトに収まります。

PHOTO/ライター撮影




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事