ライフスタイル

ゴチャゴチャの元凶!? 「おうち書類」は、ファイルよりフォルダが正解!

01.jpg

毎日のように、増え続ける書類の山、山、山。郵便物や子供のスクール書類などは、常に家に入ってくるモノです。これをそのままテーブルに放置すると、散らかりやすい部屋の元になってしまいます。そんな悩ましい「おうち書類」の収納法について、整理収納アドバイザーの資格を持つ筆者がご紹介します。
まず、増え続ける書類には種類があります。毎日更新される〈一時書類〉(郵便物や子供のスクール書類など)と、保管期間の長い〈永久書類〉(住宅関係、取扱説明書、通院記録、保険など)があります。すぐに必要としない〈永久書類〉は、家族全員が把握できる定位置の場所へ保管します。ここでは、毎日のように更新され、すぐに必要となる〈一時書類〉を取り上げます。

なぜ? ファイルはダメなの?
03.jpg

実は、リングファイルやポケットファイルに入れる作業って…手間がかかります。会社の仕事なら長期保存を目的とするので、ファイルのほうが便利ですが家庭だとそうとは限りません。そこでおすすめなのが、クリアフォルダとファイルボックスの組み合わせです。クリアフォルダは、間口が2ヶ所なので入れやすく出しやすいのでストレスを感じさせません。しかも、書類の期限が終わればすぐに処分できるので無駄もなく簡単です。

step.① 毎日のざっくり習慣にする!
毎日更新される〈一時書類〉は、手にもった瞬間〈必要/不必要〉かを仕分けする習慣を持ちましょう。「とりあえず、後で」という気持ちが、書類の山を作ります。不必要な書類は、すぐに処分が基本です。必要な書類は、家族全員が把握できる定位置へまとめましょう。

IMG_7422.jpg

step.② ざっくりフォルダへ入れる!
クリアフォルダに入れた書類を、種類別(例/スクール・ホーム・エトセトラなど)に分けたファイルボックスへ入れます。ボックスの中央は、厚紙などで仕切りを入れます。向かって、左側は近日中に必要な〈ショート保管〉、右側は数ヶ月以上必要な〈ロング保管〉と分けます。この時、ルールとなる入れ方があります。家族全員が、“左から入れる”ことです。新しい情報は左へ、右は古い情報が集まります。

step.③ 定期的に見直す!
定期的に、ボックスの右側に溜まったクリアフォルダ〈ロング保管〉を見直しましょう。この先も必要な場合、〈永久書類〉の箱へと移動しましょう。これで、常に回転するフォルダ収納が完成です!

フォルダで簡単「おうち書類」収納はいかがでしたか? フォルダならポケットファイルのような手間もいらず、ワンアクションなのでストレスも溜まりません。書類とは、変化のある情報のモノ。常に新しい書類に目を通し、保存すべき書類を簡単に整理できるような動線作りを心がけましょう。

PHOTO/ライター撮影





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事