ファッション

ママが「使える!」ボトムスのポイント&プチプラのおすすめ3選

IMG_3474.JPG

ママの服は、産後に変化する体型に対応できるものというだけではなく、素早く着替えられるもの、動きやすいものなどといった様々な機能が求められます。そこで今回は、子どもが赤ちゃんだった頃に筆者が「使える!」と感じたボトムスを、ユニクロとGUというプチプラ・ブランドから3着セレクトしました。ボトムス選びのポイントも併せてご紹介しますよ!
ママが「使える!」ボトムスのポイント
筆者が赤ちゃんを育てて思った、ママが「使える!」ボトムスのポイントは2つあります。

1.ウエストがゴム(ひも付きで微調整ができるとgood)
出産後に体型が変化することに対応できるだけではなく、素早く着脱ができます。赤ちゃんが泣いていても、ささっと着替えが済むので安心です。また、ゴムならウエストにぴったりフィットするので、抱っこでかがんだときに背中がチラリ、なんて心配もありません。
2.動きやすさ
これは赤ちゃんだけではなく、幼児~小学生ママにとってもマストでしょう。子どもの無茶な動きに対応できるように、スカートよりはパンツがいいですし、素材も丈夫で伸びやすいものがいいですよね。もうひとつ、購入時に想像しておきたいことが、ママチャリが運転しやすいかどうか?ワイドすぎるパンツだと引っかかりますし、薄手の素材だと舞い上がって邪魔になります。

これらを満たしたボトムス3選、いってみましょう!

スウェットパンツ(ユニクロ)
筆者の中ではこちらがベスト・オブ・ママズ・ボトムスです。ウエストはゴムでひも付き、スウェットパンツなので動きやすさ&リラックス感は抜群、さらにシルエットがきれいなので、近所の外出なら違和感なく穿くことができます。値段が安いのに素材は丈夫で、ザブザブ洗ってもほつれることもなく、ハイハイ時代の子どもを膝歩きで追いかけても擦り切れませんでした(写真のものは2年以上穿いているので、さすがにクタッとしていますが)。

デニムジョガーパンツ(ユニクロ)
IMG_3475.JPG

デニムを穿きたいけれど、固い素材のものは動きにくい、ましてやウエストがゴムのものなんてない……そう思っていた筆者にとって、デニムジョガーパンツは理想的でした。ウエストはゴムでひも付き、適度なゆとりがあって動きやすいデザイン、柔らかい素材、きれいなシルエット。穿き過ぎて膝が白くなってきましたが、まだまだ愛用したいです!

ガウチョパンツ(GU)
IMG_3473.JPG

一大ブームとなったGUのガウチョパンツも、ママに嬉しいボトムスです。ウエストはゴムで、着替えで足を通しやすいゆったりデザイン(筆者は、タイトなパンツは着脱さえも面倒なときがありました)。それでいて、かっちりした打ち合わせなどにも穿いていけますし、たまには女性らしい格好がしたい……という気持ちも満たしてくれます。暑い時季は一枚で、寒い時季はレギンスと合わせて、一年を通して着回せるところも、節約を心掛けたいママにはぴったりかも!?

すでに店頭や公式サイトなどでは購入できない商品もありますが、これらのポイントを押さえたボトムスならば「使える!」と思えること間違いなし!機能性の高さと共に自分らしさを追求しながら、ママでもおしゃれを楽しんでいきたいですよね。プチプラでも十分、実現できるはずですよ。




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事