ライフスタイル

夫婦生活の危機は、男性向けハーブで乗り越える!

Fotolia_47127141_Subscription_Monthly_M.jpg

「最近、うちの夫が、何やら“淡泊”になってきた……」
「もうひとりくらい子どもが欲しいのに、夫の元気がない……」
「もしかして、私に女性としての魅力がなくなっている!?」
などと、“夫婦生活の危機”が気になってしまっているそこのアナタ!!夫が淡泊になっている原因は、もしかしたら「ハーブ」で解決できちゃうかもしれませんよ!

性欲の減退が、少子化の波を高く大きくしている!?
食欲、睡眠欲と並び、人間の「三大欲求」とされるのが「性欲」です。食べること、寝ること、そして夫婦生活を持つこと。この3つは人類が子孫を残し、繁栄する上で欠かせないことであり、3つのうちひとつでもおろそかにしてしまっては、人類は滅亡の一途をたどってしまいます。

男性の「性欲」は、加齢により変化します。とある研究所の発表によれば、10代後半~20歳頃が男性の「性欲」のピークで、以降、ゆるやかに下降し、30代中頃から急激に下降。女性のそれが男性を上回る……というのです。ちなみに日本において「結婚」とは「夫婦間の継続的な“性的結合”を基礎とした社会的経済的結合」を意味するとされています。つまり、夫婦生活をきちんと維持することこそが、結婚生活を成り立たせるということ。夫が淡泊になってしまったら、夫婦の絆が薄れることにつながりかねません。もっとはっきり言ってしまえば、男性(女性もですが)の一方的な性欲減退は、結婚生活の破たんの前兆になってしまうかもしれないのです!!

そんなとき、活躍するのが男性向けハーブです!
男性の精力を増強するためには、どうすればいいのでしょうか。
まず大切なのは、食事の改善になります。アボカド、牡蠣、にんにくといったスタミナ食材を使うことが好ましいものですが、アボカドも牡蠣も、そうしょっちゅう食べられるほどお安いものではありませんし、こってりした味なので飽きるのが早いのが難点。そこでのおすすめが、毎日の生活にひと手間プラスするだけでOKの、ハーブの活用です。
植物療法士の先生にお聞きしたところ、男性の精力増強に効果が高く、日本で手に入れやすいハーブは3種類あるとのこと。

ひとつめは「マカ」。女性ホルモンの分泌を促す効果もあるとして人気が高まっているハーブです。
マカというのは、ペルー原産の多年生植物で、インカ帝国時代には特権階級の食べるものとして珍重されたそう。ハーブとしていただくのは根っこの部分ですが、鉄分、カルシウム、亜鉛といったミネラルのほか、アルギニン、アスパラギン酸といった、精力増強に効果的なアミノ酸類をたっぷりと含んでいます。ストレスからくる若年性更年期障害の緩和や、抗肥満作用があることが分かっていますので、女性もすすんで飲みたいもの。
もっとも手軽に摂取するならサプリメントですが、どうしてもお値段が高くなってしまうもの。また、錠剤になったものよりも、できるだけそのままの状態でいただいたほうが効果が高いともされています。なので、粉末状になったマカを購入し、料理に混ぜ込んで食べるのがおすすめ。香りが強いハーブティーに混ぜたり、お味噌汁にプラスしたりしていただけば、独特なマカの臭いも気になりません。

ふたつめは「ギンコウ」。乾燥させた銀杏の葉っぱのことで、「ギンコビロバ」とも呼ばれています。
2億年以上前から地球上に生息していたとされ生命力がとても強い銀杏は、漢方薬にも使用されるほど、すばらしい健康効果をもたらすハーブです。アルツハイマー型認知症や脳血管型認知症にも効果が認められ、血液循環を促してくれるので、これもまた夫婦そろっていただきたいもの。血液のめぐりがよくなることで、男性は“自信”を持てるようになるとのこと。肩こりや冷え性といった症状も改善してくれます。
味はほぼ無く、薬っぽい香りがほんのちょっぴりあるだけなので、紅茶や緑茶などを淹れる際にギンコウを小さじ1杯程度、ミックスしていただくようにしてみてください。

3つめは「エゾウゴギ」。こちらもマカ同様に精力増強を狙えるハーブです。そのパワーは高麗人参をはるかに超えることから、別名「シベリア人参(シベリアンジンセン)」とも呼ばれ、根っこの皮を乾燥させたものを、漢方やハーブとして活用します。
ソビエト時代のロシアでオリンピック選手の体力UPにも使われたというハーブで、サポニン、ジンセノサイド、クロロゲン酸といった有効成分が、滋養強壮、精力増強、そして抗ストレスに働くとのこと。うつ病にも効果があるとされているので、気分が落ち込みやすい人にとくに飲ませたいもの。ウッディな香りと甘味が特徴で、そのままお茶としていただくことが出来ます。慣れるまではハトムギやルイボスとブレンドするといいでしょう。

食事やお茶としてハーブを活用すれば、サプリ等をいただくよりもお安く、かつ、確実にハーブの恩恵を受けることができます。こうしたハーブを利用して、ぜひ、円満な夫婦関係を持続させましょう!
PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事