トレンド

昨年は日本人も選ばれた!イケアの「ソフトトイお絵かきコンテスト」に応募しよう!

20171030_gc_letsplay_main_ip_01_700x360.jpg

11月20日は国連が定めた「世界子どもの日」。イケアは毎年その時期に慈善活動キャンペーン「LET'S PLAY すべての子どもに遊ぶ自由を」を行っています。その一環として開催中の「ソフトトイお絵描きコンテスト」をご紹介します!
「ソフトトイお絵描きコンテスト」とは?

今年で第4回目を迎える「ソフトトイお絵かきコンテスト」は、世界中の子どもたちが参加可能。描いた絵が選ばれると、SAGOSKATT(サゴスカット)という名の限定コレクションとして商品化されます。昨年は世界中から7万点以上の応募があり、ラッキーな10名のイラストがソフトトイになりました。

7万の応募から日本人も選ばれた!


20171030_gc_letsplay_collection_ip_01_v2_520x286.jpg

わずか10作品のひとつである「フクロウ」の絵。これはイケア神戸で参加した小学3年生・山中穂美(ほなみ)ちゃんの作品。イケア神戸のお絵描きコーナーで絵を描き、その場で応募したのだそう。

穂美ちゃんいわく「フクロウが飼いたいけど、飼えないから家に居たらいいなと思って描きました」とのこと。「フクちゃん」と名付けられたフクロウ、どことなくユーモラスな表情がいいですよね。ふだんから絵を描くのが大好きで、犬や猫、カメレオンやウサギなど、動物の絵をたくさん描いているんだとか。

そんな穂美ちゃんの入賞を記念して、イケア神戸では授賞式を開催。ストアマネージャーからソフトトイになった「フクちゃん」を手渡されると「思っていたとおりにカワイイ!」と大喜び。そこへサプライズで現れたのは大きな「フクちゃん」の着ぐるみ!夢が叶った穂美ちゃんは最高の笑顔で授賞式を終えました。

売り上げの100%を支援活動へ
そんなソフトトイ「SAGOSKATT(サゴスカット)」ですが、なんとその売り上げはすべてセーブ・ザ・チルドレンへ寄付されるのだとか。可愛いだけじゃなく、大切な使命をもっていると思うと、さらに愛着もわきますよね。

来年は我が子の絵が入賞するかも!?
20171030_drawing_content_02_402x346.jpg

「ソフトトイお絵かきコンテストは」イケア各店で2017年11月30日(木)まで開催中。対象はIKEA FAMILYメンバーの12歳までのキッズで、参加費は無料。

参加するとソフトクリームのクーポン及び認定書が、参加賞として後日もらえるそう。詳細は下記リンクを御覧ください。








LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事