ライフスタイル

ママのフレグランス復帰は柔軟剤やオーガニックオイルから

フレグランスイメージ (2).jpg
出産前にはフレグランスを楽しんでいたというママも、出産後しばらくは香りのオシャレをお休みする方が多いようです。香りを遠ざけるようになったママが、フレグランスに復帰するのはいつなのか?どんな香りなら子育てママにもOKなのか?探ってみました。
パパにも子どもにも好まれるフレグランスはこれだ!
オシャレ大好きママたちにリサーチしたところ、やはり保育園や幼稚園に入園したタイミングで、香りのあるアイテムを少しずつ取り入れる方が多いようです。石鹸のような香りと評判のクロエジルスチュアートリラックスシリーズ、同じくジルスチュアートクリスタルブルーム オードパルファンクリスチャンディオールミスディオールランコムミラクなどがママに人気のようです。どれも、伝説の婚活フレグランスともよばれる香りで、無難であると同時に多くの人に心地よさを感じさせてくれる香りなので、パパやお子様にも比較的抵抗なく受け入れられるのではないでしょうか。

はじめは柔軟剤や防臭スプレーで慣らすのも手!
ランドリーマムメモ.jpg
また、これらのフレグランスに似た香りの柔軟剤を洗濯の際に少しずつ取り入れて、「我が家の香り」を作りあげていくのもいい方法です。ランドリンのクラシックフローラル・シリーズはクロエの香りにそっくりなのでクロエファンならぜひお試しあれ!画像は柔軟剤と防臭スプレー。薬局やスーパーで購入できます。

パーソナルな香りならより安心
ただし、着る服に香りがつくのをご家族が嫌がることもあるかもしれません。その場合は、つけた瞬間の香り立ちを楽しむパーソナルなオイルフレグランスはいかがでしょう。より自然の温もりに近い植物性の香りのものをチョイスすれば安心です!おすすめのアイテムは次の通り。

メルヴィータ タッチオブネイチャーオイル
Flacon_Roll_Up_Orange_10_ml.jpg

フランス発のオーガニックコスメブランド、メルヴィータから発売されたばかりのフレグランスオイルは、家族への思いやりを大切にするママのパーソナルフレグランスにぴったり。「朝焼けと目覚めのローズ」と「太陽ときらめきのシトラス」(画像)の2種類がありどちらもごくナチュラルな香りです。首元や髪、ネイルにそっと馴染ませて、アロマテラピー感覚で香りを楽しんで。各2,300円(10ml【税抜き】)です。

母親だから香りは我慢しなければ・・・と考える人もいるかもしれませんが、産後は、ホルモンバランスが崩れて憂鬱な気持ちに包まれたり、ストレスを感じることも多いものです。そんなとき、もともと好きな香りをかぐことで女性ホルモンを活性化し、精神を高揚させたり落ち着かせたりという効果が期待できます。頑なにならず、少しずつ好きなフレグランスを楽しんでみてはいかがでしょう。ママの笑顔が増えればパパもお子様もきっと嬉しいはず。ご家族みんなで幸せを感じられたら素敵ですね!




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事